読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”娘のために”『ミセスK』


『ミセスK / MRS K』 予告編 Trailer

 大阪アジアン映画祭2017、一本目!

 かつてマカオのカジノを襲撃した強盗団がいた。行方をくらました彼らのうち、三人が次々と殺される。生き残っているのはリーダー格だった「ミセスK」と呼ばれる女ともう一人。夫と娘を持ち平和に暮らすミセスKは、自らにも魔手が迫ることを予期し……。

 インドネシアと中国の合作映画。『捜査官X』でドニーさんと戦った暗殺者役だったカラ・ワイさんが主演。アジアン映画祭は基本、カンフー映画に冷たい、と思っていたので、これがオープニングとは少々意外であった。カラ・ワイさんは今回来日して、イベントにも出演! ありがたや〜。映画祭では他にも『77回、彼氏を許す』で、ヒロインの母親役でも出演しています。

chateaudif.hatenadiary.com

 さて、実際の映画はと言うと、非常にスローなテンポとまったりしたアクション、見所はカーク・ウォンやフルーツ・チャンら有名監督のカメオ出演と、まあ良く言えば味わい深い代物でありました。また、びっくりするぐらい金がかかってない感じだしな……。
 カラ・ワイさんは今作でアクションも引退するということだが、もう50代も後半だし、やっぱりそろそろ限界が来ているのだろうな、という等身大のゼーハー感。演出のせいもあるかもだが、5年前のキレなし……。スタントももちろん投入されていて、香港映画の顔を見せないスタント技術はすごいんだが、やっぱり代役が多くカットも割り過ぎると、編集のチャカチャカした下手なアクション映画とあまり変わらんことになってしまうのだな……。

 ストーリーは、過去を持つ主人公が家庭を持って平和に暮らしているが、因縁が追いかけて来て家庭が失われる危機に陥る……というもの。ウエスタンを意識したストーリーラインだが、女性主人公なので、自然と『キル・ビル』そっくりに思えてくるのよね。夫役にウー・バイさん、久しぶりに見た! 医者役だったがめっちゃマッチョで、本人はこれで超歌上手いんだよな……。

 まあ往年のファンならそれなりに……という映画。まだまだ映画祭は続くよ!

捜査官X [Blu-ray]

捜査官X [Blu-ray]