シアタールシフ六周年

chateaudif.hatenadiary.com


 拙ホームシアターも、ついに設置から六年となりました。


 記念として、ついに懸案の天井スピーカーを設置!
 音楽サブスクを、SpotifyからApple musicに切り替えたのですが、こちらの空間オーディオ対応が非常に魅力的で、PCにつないでるBluetoothのステレオスピーカーでロスレス曲流すだけで、すでに音が違う。
 じゃあ、我がシアターも本格的にドルビーアトモス仕様にしたら、これも100%楽しめるのではないか。映画もUHD、iTunesのアトモスコンテンツなど多数揃っている。いよいよ導入しどきではなかろうか。

 そんなこんなでアップデートに着手し、現在の構成。


f:id:chateaudif:20210916174117j:plain

 プロジェクターは現在二年利用中の4Kモデル。市場でもまだ現役で、非常にコスパがいいですね。下はスクリーンを下ろすのが面倒な時の、サブディスプレイ。


f:id:chateaudif:20210915135047j:plainf:id:chateaudif:20210915135052j:plainf:id:chateaudif:20210915135146j:plain

 センター、ライト、レフト、サラウンド、サブウーファーは変わりなし。


f:id:chateaudif:20210915133202j:plain

 そして、今回の目玉、天井スピーカー。BOSEの業務用で、店舗BGMなどにも使われているモデル。
 本体が左右セットで33000円、固定アームが片方につき6000円強、スピーカーケーブルが15mでやはり6000円強。設置工事費は別途。
 これで、7.1から5.1.2という構成になりました。


f:id:chateaudif:20210915135158j:plain

 バックサラウンドスピーカーはまだ接続されていますが、天井スピーカー導入により、ほぼオブジェクト化。設定を切り替えればもちろん使えるが、しばらく出番はなさそう。


f:id:chateaudif:20210916174140j:plain

 UHDプレーヤーは変わらず。UHD見る時はこれ一択です。


f:id:chateaudif:20210916174103j:plain

 Apple TVは音楽、サブスク、abema tvなどの観賞用。予備でFire TV stickも接続しています。


f:id:chateaudif:20210916174123j:plain

 新たに導入されたPS5。こちらも3Dオーディオに対応し、天井スピーカーも生かせるように。
 nasneバッファロー製の新モデルに。ただ、PS5がまだ対応していないので、シアターでのテレビ鑑賞はお預け中。


f:id:chateaudif:20210916174106j:plain
 Dockを接続し、switchも繋げられます。


f:id:chateaudif:20210916174152j:plainf:id:chateaudif:20210916174206j:plainf:id:chateaudif:20210916174213j:plain

 ネット接続が必要な機器は、ほぼ有線LANで接続。旧モデルのecho dotとスマートリモコンでコントロールしています。


 六年かけて少しずつ増強してきましたが、いよいよ完全体かな、という気がしています。
 次のアップデートは、レーザープロジェクターとか、壁際に設置する短焦点モデルとかになるでしょうか?
 まだ見ぬ未来を楽しみにしたいですね。


ゾイド小説『風が吹いた日』

 本編『戦場の突風』の前日譚であり、主人公の一人シルヴィス・プレアディスの旅立ちの物語です。
 西方大陸編のエピソード0であり、第一話の裏側を描いています。
 書き始めた頃には細かい設定はなかったのですが、次第にキャラクターが固まり、動き出してくれました。
 映画『ローラーガールズ・ダイアリー』のゾイド版のつもりで書いたので、旅立ちはバスになっています。

 次回作である本編の続編『ウルフメイカー』にも繋がる要素があるので、お読みいただけましたら幸いです。


www.pixiv.net


#1 1 旅立ち | 『風が吹いた日』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#2 2 ひとり | 『風が吹いた日』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#3 3 迷子 | 『風が吹いた日』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#4 4 ひとりではない(完) | 『風が吹いた日』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリ - pixiv


ゾイド小説『たったひとりの鉄竜騎兵団』

 『戦場の突風』シリーズの外伝になります。
 連載中のpixivで「こんなキャラを出して欲しい!」とリクエストをいただき、そういう体験は初めてだったので驚きました。
 ちょうど、本編に組み込むと背景が複雑になりすぎるのでカットした設定が色々とあったので、「鉄竜騎兵団に加わっているガイロス人」というキャラクターを捻り出すことになりました。
 自分では絶対に書かない話が結果として生まれたので、良かったと思います。
 本編は一応恋愛ものだったので、今作は友情をメインに据えてお話を作りました。

 では、どうぞ。

www.pixiv.net


#1 1 スカーソル家のファリカ | 『たったひとりの鉄竜騎兵団』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシ - pixiv

#2 2 アンナのために | 『たったひとりの鉄竜騎兵団』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小 - pixiv

#3 3 影の戦士たち | 『たったひとりの鉄竜騎兵団』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説 - pixiv

#4 4 名もなき騎士(完) | 『たったひとりの鉄竜騎兵団』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様 - pixiv


ゾイド小説『戦場の突風』帰還編

 最終章は帰還編と題しまして、東方大陸に叩き出された共和国軍が中央大陸に帰還するまでのお話になります。
 もっともそれだけではなく、主人公たちの「帰る場所」についても描いており、ゾイド乗りの幸福について考えて来たこのお話の、たどり着く場所を示してもいます。
 最後にふさわしく一番長くなり、ゲスト出演や禁じ手も、クライマックスの最強の敵とのガチ対決も含め、自分的にはサービス精神を発揮したつもりです。

 本編はこれで終わりますが、まだ外伝と前日譚が控えておりますので、続けてお付き合いいただけたら幸いです。


www.pixiv.net

#31 帰還編1 立ち上がる時&第四部「帰還編」目次 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - - pixiv

#32 帰還編2 真なる龍 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#33 帰還編3 凱龍戦隊 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#34 帰還編4 あの場所へ還る | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリ - pixiv

#35 帰還編5 黒き獅子 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#36 帰還編6 あの子を探して | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリ - pixiv

#37 帰還編7 一年の孤独 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#38 帰還編8 不思議だね | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#39 帰還編9 銀の繭 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#40 帰還編10 影の騎士 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#41 帰還編11 首都攻防 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#42 帰還編12 知られざる決戦 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シ - pixiv

#43 帰還編13 龍と狼 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#44 帰還編14 それぞれの場所&エピローグ(完) | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - - pixiv

 

ゾイド小説『戦場の突風』中央大陸編

 第三部は中央大陸編となりまして、ここからはゴジュラスギガから凱龍輝までのキットに付属していたバトルストーリーを元にしたお話となっております。
 資料もガクッと少なくなってなかなか苦労しましたが、暗黒大陸編までいわゆる本編とちょっと距離のあるところにいた主人公たちが、いよいよ歴史の渦中に飛び込み、その転換点に立ち会うことになります。
 ブロックスの扱いに関しては、おそらく発売当初は本編と絡めていいのか迷っていたところがメーカーにもあり、公式ストーリーに出てくるのが遅かったのですが、そこを補完するつもりで、初期型からがっつり登場させました。
 そして、もちろんあの超大型ゾイドも登場します。
 暗黒大陸編より短めですが、ずっと前から考えていたこの章の最終話に向けて、すべてが動いています。いよいよテーマも浮き彫りになり、「ゾイド乗り」、そしてそのパートナーの生き方にも注目していただければ、嬉しく思います。
 それでは、どうぞ。

www.pixiv.net

#21 中央大陸編1 夏を前にして&第三部「中央大陸編」目次 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー - pixiv

#22 中央大陸編2 帰郷 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#23 中央大陸編3 続・通じ合うもの | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小 - pixiv

#24 中央大陸編4 隠密作戦 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリー - pixiv

#25 中央大陸編5 紅の竜騎兵団 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シ - pixiv

#26 中央大陸編6 若き戦士 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリー - pixiv

#27 中央大陸編7 城砦攻略戦 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリ - pixiv

#28 中央大陸編8 キメラ | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#29 中央大陸編9 巨竜砲撃 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリー - pixiv

#30 中央大陸編10 渚にて | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリー - pixiv

ゾイド小説『戦場の突風』暗黒大陸編

 第二部となる暗黒大陸編では、公式ファンブック3〜4に当たる話を描いています。
 本編はガイロス帝国摂政ギュンター・プロイツェンがほぼ主人公で、彼の反乱と遠大な計画が軸に描かれていますが、今作の主人公たち、共和国側の一兵士にしてみれば、さぞ寝耳に水な話であったろうと思います。ただ、その中でも、事態が自分たちの預かり知らぬところで不気味に進行していっている感覚を、どこかで味わっていたのではないか。そう考えながら書き進めました。
 物語は起承転結の「承」に当たる部分に入ります。立ちはだかる宿敵、喪失、新たな仲間……お話はいよいよ本格的に動き出し、にぎやかになってきます。ガイロス帝国側のゲストキャラも登場させ、とにかく楽しんで書きました。中でも第五話は、ここを書きたくてずっと進めてきた感があって、気に入っています。このあたりから、キャラが立ってきて、もう自分ではあまり深く考えなくても、勝手に動いてくれるようになりました。九話は重要なシーンで色々なパターンを考えていたのですが、すんなりと着地してくれて、ちょっと驚きました。
 一方で対デスザウラー、ヴァルハラ戦など、本編の裏側を書いた部分では、「リライト」的なことをするのが恐れ多く、ダイジェスト的にまとめたのが果たして正解だったか、と言うとちょっと自信のないところでもあります。
 書いている間は、まだ本当に完結させられるのか半信半疑でしたが、キャラクターたちのおかげで自信が出てきました。それでは、お楽しみいただけましたら幸いです。

www.pixiv.net

#8 暗黒大陸編1 名誉を受けて&第二部「暗黒大陸編」目次 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異 - pixiv

#9 暗黒大陸編2 再び戦場へ | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリー - pixiv

#10 暗黒大陸編3 紅い悪夢 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリー - pixiv

#11 暗黒大陸編4 戦い敗れて | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリ - pixiv

#12 暗黒大陸編5 心を捧げて | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリ - pixiv

#13 暗黒大陸編6 伝えたいこと | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シ - pixiv

#14 暗黒大陸編7 ゾイド乗りたち | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説 - pixiv

#15 暗黒大陸編8 月下の決闘 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリ - pixiv

#16 暗黒大陸編9 初めて会った日から | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の - pixiv

#17 暗黒大陸編10 雷神とともに | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説 - pixiv

#18 暗黒大陸編11 帝都へ…… | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シ - pixiv

#19 暗黒大陸編12 慟哭 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#20 暗黒大陸編13 友からの手向け | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小 - pixiv

ゾイド小説『戦場の突風』西方大陸編

www.takaratomy.co.jp

 ゾイドの小説を書いています。
 え〜、ゾイドとは何か、というところから話を始めると面倒なのですが、80年代に始まり、今も玩具展開やアニメの放映など、メディアミックスが続くシリーズです。
 20世紀に一度、終了しましたが、2000年代に初のアニメ化とともに復活。今作はその頃の展開を下敷きにしたストーリーになります。
 『ゾイドバトルストーリー』と呼ばれる公式のストーリーと年表があり、それに即したお話の展開になります。正直言いまして、原典を知らないとチンプンカンプンかもしれない。原典である『ゾイドバトルストーリー』『ゾイド公式ファンブック』は紙媒体で出ていましたが絶版となっています。まあググれば出てこないこともないですが……。

 拙作はその中でもZAC2099年から始まった西方大陸戦争を皮切りに、暗黒大陸、中央大陸を舞台に繰り広げられた戦いを、名も無き兵士たちの視点から描いています。こう書くと硬派な感じがしますが、まったくそんなことはありません。
 当時のオフィシャルなストーリーが、いささか煮え切らない感をもって終了したのですが、まあそれ自体はしようがないことかな、と思っておりました。で、10年ほど前に書いたのが第一話に当たる「砂漠に吹く突風」の回です。元々はこれ一本だけ、砂漠に取り残された二人の兵士を描いた、ワンシチュエーションの短編のつもりでした。ただ、何せ年表と後のストーリーは存在しているので、さて、拙作の登場人物たちはその後、どんな道を歩むのかな、と言うことを考え出したら色々と出来てきて、8年に渡る物語の大筋がぼんやりと生まれました。ただまあ、なかなかの分量になるし、壮大すぎてとても書ききれないのがわかりきっていたので、頭の中で彷徨うに任せ、10年の間、寝る前に布団の中で筋を反芻するだけに止まっていました。

 しかし、昨年末、形になることはなかろうと思っていたものが、急に出口を求めて自己主張を始めました。まあちょっとだけ続きを書いてみるか、ざざっとダイジェスト程度でもいいしな、と軽い気持ちで書き始めたらなぜか止まらなくなり、新しい展開はどんどん出てくるわ、キャラクターは勝手にしゃべりだすわで、ほとんど自動手記人形のような勢いで書き続け、四ヶ月を過ぎる頃には、文庫で900ページ近い分量になっておりました。若い頃に書いては投げ出しを繰り返していたのが嘘のようで、まさか完成するとは思いませんでした。これがおそらく「物語が降りてくる」という現象なのだと思います。

 小学生の頃から続いてきた自分のゾイド熱の集大成に、結果としてなったと思います。公式ストーリーやアニメへのオマージュなども含め、自分の好きなもののごった煮のようで、クオリティはともかくとして、自分以外誰も書かないものであることは間違いないので、公開してみることにしました。なんとなくネットの海に流せば「なんかこれ好き!」「あのゾイドの活躍を見たかった」という人のアンテナに、いつか引っ掛かるかもしれません。

 物語は、レッドラストの砂漠から幕を開けます。それでは、はじまりはじまり。

www.pixiv.net

#1 プロローグ&第一部「西方大陸編」目次 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様 - pixiv

#2 西方大陸編1 砂漠に吹く突風 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シ - pixiv

#3 西方大陸編2 人事異動は突然に | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説 - pixiv

#4 西方大陸編3 森の中で | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv

#5 西方大陸編4 通じ合うもの | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリ - pixiv

#6 西方大陸編5 巨砲、轟く | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリー - pixiv

#7 西方大陸編6 猛虎再来 | 『戦場の突風』 ゾイドバトルストーリー異聞 - ルシフ様の小説シリーズ - pixiv