読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”お前の動きは読めた”『ロスト・バケーション』

映画


映画 『ロスト・バケーション』予告 ”本格的サメ映画、遂に誕生篇”

 サメ映画!

 医師見習いのナンシーは、休暇を利用して人里離れたビーチにやってくる。そこはガンに倒れた母の思い出の場所だった。得意のサーフィンを楽しみながら、ナンシーは人生に対し行き詰まりを感じていた。だが、その彼女を、海中から何かが襲う……!

 ジャウム・コレット・セラ監督が、リーアム・ニーソンから久しぶりに離れてサメの映画! ワンシチュエーション・スリラーということだが、設定は面白そうなのにオチは無理くりのミステリ映画を撮るよりも、彼の演出力をずばり活かせそうである。

chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com

 母がかつて訪れたビーチにやってきたブレイク・ライブリー演ずるヒロイン。母の死によって自分の生にリアリティを持てなくなり、進んでいた医学の道の限界に絶望している。名前も知らないビーチからは妊娠した女を思わせる島が見え、どことなく彼女の胎内回帰願望のようなものをうかがわせる。当然、その先にあるのは生まれ変わり、いや生まれ直しとでも言うべき試練である。

 食いちぎられた鯨の死体がぽっかり浮かぶ幕開けからなかなかフレッシュで、必死こいてその上に這い上がる嫌なシチュエーションが面白い。当然のように死体に体当たりを食わすサメ! くるくる回る死体の上で必死に走るヒロイン。

 何もない海の上だが、鯨の死体→岩礁→ブイとぎりぎりの安全地帯を渡り歩きサメの攻撃をかわす。移動すること自体で一展開、移動した先でもう一展開と、次々にイベントが起きて心が休まる瞬間がない……いや、唯一の癒しが翼を脱臼して岩礁にいるカモメ。カモメは英語でsea gullだから、スティーブンと命名……いや、シャレかよ! seagalだから違うよ! どんな時でもジョークを忘れないアメリカ人気質であり、こんなピンチでもセガールがいれば安心なのになあ、という皮肉がちょっと込められているようでもあり、いつも撮ってる映画でリーアム・ニーソンセガールみたいに強いと揶揄されていることへのアンサーのようでもあり(これは違うな……)。
 実物のカモメで撮影されたそうで、なかなか良い味を出している。まあ役には立たんのだけれど、彼を助けることで医療従事者としての主人公の気力が戻ってくるあたりも面白いし、母親の生まれ変わりみたいな見方もできますね。

 サメ以外にも尖った岩やら珊瑚やらも強敵で、全部含めて自然の猛威なのだが、そうして怖い反面、非常に美しく撮られてもいる。クラゲのシーンが美しかったですね。
 サメは怖いけど、ぎりぎり怪物ではなく動物っぽいところも残し、そこはかとなく悲哀も感じる。ただ本能に従っているだけの生き物が、やがて感情らしきものを露わにして襲い来るあたり、なんとも不幸な出会いだったのだなあ。
 話の都合上、ずーっとビキニのブレイク・ライブリーさんだが、初手から脚を血だらけにされ生々しい負傷を負っているので、お色気云々言うている場合ではない。丸一昼夜海の上で過ごして憔悴し、体力も衰えてくる。
 ビーチに人は来るのだが、酔っ払いのおっさんか無警戒のサーファーで、次々と食いちぎられていき全然役に立たない。サーファーのライブカメラに最後のメッセージを残し、主人公は決死の脱出行に挑む……!

 ワンシチュエーションだが状況の変化と主人公の心理の変化を細かに描いて退屈させず、またライブリーさんも思いのほか締まった演技力を見せてくれて、画面に釘付けにさせてくれる。あまりややこしい脚本じゃないのも良かったね。『ジョーズ』、『ディープ・ブルー』に続く面白いサメ映画と言ってもいいのではなかろうか。

アデライン、100年目の恋 [Blu-ray]

アデライン、100年目の恋 [Blu-ray]