読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”シュレーディンガーの細目男”『怒り』(ネタバレ)


「怒り」予告2

 吉田修一×李相日!

 八王子で起きた、夫婦惨殺事件。目撃情報も虚しく、現場に「怒」という文字を書き残した容疑者は一年に渡って姿をくらませたままだった。整形し、顔を変えたとも言われる男の行方は……? 千葉、東京、沖縄……それぞれの場所にふらりと住み着いた男たちの正体は……?

 市橋達也事件をモチーフにした吉田修一原作を映画化。「怒」という文字の残された殺人現場から事件はスタート。かなり思わせぶりで、それほどの怒りを示す何かを、これから登場する三人の男に対し自然と探してしまうのだが、あまり意味はござらなんだ。

 松ケン、綾乃ゴー、森山未來という色白で細目の男が次々と登場し、それぞれ訳ありの様子。殺人事件の容疑者は整形して逃亡しており、本来の顔と整形後の予想図が、この三人に似ているような似ていないような……。
 これだけかき集めたらバラバラになりそうな豪華キャストだが、何せ話は三本分あってお互いは出会わない。誰が犯人か?を気にして対比させているのは観客のみ、という構造。またそれぞれは全然違う話で、最後に一堂に会したりもまったくしない。これをクロスさせつつ成立させてしまう手際の良さはすごいですね。

 また個々の描写も細部まで見所が多いし、絵的な美しさと生活感をぎりぎりのところで両立させているのもナイス。もちろんそこには、宮崎あおいが大して太っていなかったり、ゲイパーティやハッテン場に痩せマッチョしかいなかったりする作為が潜んでもいるわけで、本当の意味でリアルではないのだろう。

 娘に新しい男が出来てヤキモキするケン・ワタナベを見てると、いかにもサイコパスっぽく表情のない東出君はさぞ苦労したのだろうなあ、と思わせられるさすがの演技力。やや太りの宮崎あおいはそれよりも眉毛を描いてない顔の方が衝撃的で、『NANA』のいい加減な女をさらに発展させたような役作りが良かったですね。一切脱がない日和っぷりは相変わらずだが、その裏で腐れ米兵にレイプされる広瀬すずちゃんの体当たり、尻を出すブッキーと綾野剛よ……。

 沖縄の不条理展開と、他のパートの性善説よりなウェットさのバランスが少々悪く感じられた。病気のお母さん! 施設育ち!の陳腐さにはびっくりしてしまったが、放っておけば美談、いい話にしかならないところが、「容疑者」の存在により疑心暗鬼が生まれる、という展開。それならば元の鞘に収まるよりも引っ張られて崩壊した方がより不条理感が増して良かったのではないかな。
 まあこれはシュレーディンガーの猫のようなもので(適当)、ガチの伏線張ったミステリではないんで、実は他の二人のどっちかが犯人だったバージョンをそれぞれ想像しながら観るのもいいかもしれない。映画のどこかで大筋が分岐し、松ケンがケン・ワタナベとあおいを監禁する展開、さらに綾野剛が豹変してブッキーのケツを掘りまくる展開へとつながり、最後には時空が歪んで「三人ともが怒っていた」バージョンが登場し、やがて「三人ともいい人だった」ハッピーエンドが示唆されて終わるわけだ。

 全体に泣かせがちょいと過剰すぎて、やっぱり邦画だな、と思ったところ。李相日と吉田修一坂本龍一の三乗の泣かせが強烈。役者も泣きすぎだから……。そりゃあこんだけめそめそ泣かれたら、「怒り」たい気持ちも湧いてくるような気がするね。
 一方で、犯人のキャラも不条理な存在としてサイコパスっぽい設定で、これはこれで単純なわけで、途中までは面白いのに思わせぶりなだけで終わってしまった感が強い。
 この作者の本は一冊も読んでいないが、話を聞く分にはどうも何の題材であろうが過剰にウェットに、美談にしてしまう傾向が透けて見え、さらに小道具の使い方も安直という印象。そこを映画化の際にやりすぎたのが『さよなら渓谷』、避けたのが『横道世之介』という感じがしますね。
 まあまあよく出来てると思うが、まったく趣味じゃない映画でありました。パスだな……。

chateaudif.hatenadiary.com

 沖縄の少年、佐久本宝君は実質主役なのに、全くビジュアルで取り上げられてないのが悲しい。おかげで登場した時、映画を断られて散るただの噛ませとしか思わなかったではないか……。沖縄パートは広瀬すず視点を省いて、彼の視点でまとめてもよかったぐらい。他のパートはケン・ワタナベ視点、ブッキー視点で統一されてるのにな。しかしこの彼の口の端が歪んだ感じが、『マッドマックス 怒りのデスロード』のマックス、トム・ハーディを思わせるな……。

chateaudif.hatenadiary.com

 そう考えると彼はマックスの若い頃の姿であり、今作は彼の「最初の殺人」を描いた前日談と言えるのかもしれない。この後に警官となった彼だが、やがて核戦争が起きる。引き金を引いたのが米軍ならば、これ以上の皮肉はないな……。生き残った彼はかつてのあの男と同じく「怒り」を抱えて彷徨っていたのが、フュリオサらとの出会いを経て彼女らのために戦うことになるわけだ……。マックスに呼びかける過去の亡霊が広瀬すずちゃんで余裕で再生されますよ!

怒り(上) (中公文庫)

怒り(上) (中公文庫)

怒り(下) (中公文庫)

怒り(下) (中公文庫)

横道世之介

横道世之介