読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”あの人がお父さんです”『エル・クラン』

映画


『エル・クラン』映画オリジナル予告編

 アルゼンチン映画!

 1983年、アルゼンチン。裕福で近所の評判も良いプッチオ家に、警察が突入し家族を次々と逮捕した。そこで明かされたのは、彼ら一家が家族ぐるみで誘拐と殺人を繰り返し、隠蔽していたという驚きの事実だった。家族の中で何が起きていたのか?

 『コロニア』に続き、これもまた南米の実録物。実際にあった誘拐事件と、家族全員がそれを知りつつ隠していたという異常な状況を描いて大ヒットした映画。

chateaudif.hatenadiary.com

 政権が転覆したことで職を失ってしまった父親が、代わりの職として「誘拐」に手を染めるのだが、こともあろうに自宅に監禁部屋を作り、妻子全員が知っている状況で犯行を繰り返すことに……。
 シュールさまで感じるぐらい、実にさらっと誘拐が始まり、あっという間に家族も巻き込まれていく。お話は主に次男アレハンドロの目線で描かれ、ラグビー選手でもある彼は早くから誘拐の手伝いを命じられながらも、犯行を続けることに葛藤する。
 いや、この親父がいっさい躊躇いなく誘拐と殺人を繰り返す、完全におかしい人なのだが、その父親が家庭内における権力と金の全てを持っているため、家族はそのコントロール下から出られない。スポーツ選手として海外に出た経験があり、将来的には自立を目指しているアレハンドロは、そこから抜け出すという選択肢が実はあり、それゆえに葛藤を強いられる。
 いつの間にか巻き込まれて、片棒をかつがされて……というのは『クリーピー』でも他人同士で行われていた手口だが、家族間でより強い結びつきの中でやる方が、本来は簡単かつ強固なのではないかな。

chateaudif.hatenadiary.com

 誘拐は繰り返され、夜は監禁部屋から人質のうめき声が聞こえ続ける、という環境だが、おかげで金は入ってくるし、そこにさえ目をつぶれば安定した生活を営める。政権交代や戦争で国が疲弊していることも背景にあるのだろうし、この収入源が失われたり、犯罪が発覚すれば、もう平和な暮らしはできなくなる。生活面で完全に依存している妻と娘が脱却することは難しい。

 実際に実行犯として参加するアレハンドロの視点から描かれるので、後半は続けるか逃げるか、バラすかバラさないかの葛藤と、対照的に全く罪悪感のない父親との対立に物語の焦点が合わさっていくのだが、『ミスティック・リバー』にも通じる家族間の隠蔽、消極的な支持の話として見ても面白い。
 かの作品では、父親の側がある時点で疑問を感じ、それに依存しているはずの妻が逆に「あなたは家族のために正しいことをしている」という、嘘をつかれているはずの方が信じるふりをすることで嘘を強化する「永遠の嘘」が描かれていたが、今作ではそこまでしなくても親父が絶対めげないんだよな。

 実話ということで、冒頭からすでに発覚と逮捕は示唆されているが、逮捕後の展開もまた強烈であったね。少々地味だが、実に胸糞悪くていい映画でありました。

ミスティック・リバー [Blu-ray]

ミスティック・リバー [Blu-ray]