読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”次元の壁を超えて”『ウォークラフト』

映画


『ウォークラフト』予告

 ダンカン・ジョーンズ最新作!

 平和な時代の続いていた王国アゼロスに、突如侵略者が現れる。オークと呼ばれる種族が、次元の扉を開いて異世界から侵攻してきたのだ。アゼロスの騎士であるローサーは国のため、王のため、妻子のために、守護者と呼ばれる魔法使いを訪ね、そこで強大な闇の力が動いていることを知るのだが……。

 『月に囚われた男』『ミッション8ミニッツ』とSF続きだったダンカン・ジョーンズ、新作はゲームの映画化ですよ。まあ日本ではほとんど知名度のないゲームですが、まあ基本設定はよくあるファンタジーなので、わかりやすいんではないかな。

chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com

 人間と、エルフやドワーフが暮らす世界に、突如、荒廃しきった異世界から次元の扉を開けてオークたちが侵入してくる。人間はオークという存在を見るのは初めてで、オーク側には人間が少数だがいるらしい。それだけならただの侵略ものだが、人間側だけでなくオーク側にも主人公を置いて、両者の立場を対等に描く。互いに争いを好まないキャラがいて、不可避とも思える激突に向かう様を憂う……。
 全然顔はわからんのだけど、オーク側にも有名キャストを配置し(ダニエル・ウーなど……)、あくまでバランスはイーブン。さらに両者の混血であるキャラも登場して、将来的に架け橋となることを匂わせる。

 基本設定を調べればわかることなのだが、このゲーム自体のストーリーは、続編が出てまだまだ延々続くのだな。当然、この映画の中ではそのすべては網羅できず、両者が痛み分けした時点で途中で終わってしまうことになる。設定的にはこの後で一時的にオークが勝つらしいしな。アメリカではコケて、中国では大当たりという『パシフィック・リム』と同じく続編ができるかどうかにはひと揉めもふた揉めもありそうな……。

 超古典の『ロード・オブ・ザ・リング』に比べると、CG全開で全体的に派手派手。特に魔法のエフェクトが派手で、守護者たる大魔法使いのベン・フォスターが、テレポートに光の壁などを駆使して大活躍……なんだが、この人は『疑惑のチャンピオン』に続いてまた闇落ちしてしまうのであった……。力に取り憑かれすぎだよ!

chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com

 世界観の再現度は高いのだろうし、グリフォンも格好良かったが、物語的には着地点が読めないので、少々読み解きづらい。争いが永遠に続く世界、ぐらいに解釈して、そこで生きるその儚さと切なさに着目すべきであろうか。そうするとダンカン・ジョーンズの作風にもマッチしてくるのだが、いかんせん、この続きが描かれないことにははっきりせんなあ。でも続編ができるかは微妙そうね。

ウォークラフト

ウォークラフト

  • 作者: クリスティ・ゴールデン,Christie Golden,定木大介
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/06/29
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
Warcraft (The art of Warcraft (ウォークラフト設定資料集))

Warcraft (The art of Warcraft (ウォークラフト設定資料集))

ウォークラフト 18インチ デュロタン

ウォークラフト 18インチ デュロタン

”アイリッシュガール・イン・ NY”『ブルックリン』

映画 シアーシャ・ローナン


映画『ブルックリン』予告編

 シアーシャ・ローナン主演作!

 1950年代……アイルランドの小さな町に暮らすエイリシュは、姉の勧めで渡米。移民の多く暮らすブルックリンで働き始める。ホームシックや慣れない仕事で涙にくれるエイリシュだが、大学に通うことで少しずつ自信をつけていき、やがてニューヨーカーへとなっていくのだが……。

 シアーシャ・ローナンがアカデミー主演女優賞を、『ルーム』のブリー・ラーソンとバチバチに争った映画! 演技のレベル云々ではなく、こちらはいささか地味なので、映画的に分が悪かったかな。

chateaudif.hatenadiary.com

 アイルランドの田舎出身のシアーシャ、姉の勧めでニューヨークはブルックリンに移民し、デパート勤めをしつつ大学で勉強することに。田舎の保守性は最初にちらりと匂わされているのだが、主人公はまだちょっとぼんやりしていて、アメリカに行くことに対してまだ自意識が固まっていない。母さん姉さんと別れて、そんな遠くに行ってうまくやっていけるのか……?

 ゲロとゲリに悩まされた船旅では、同じくアメリカに渡る女性に助けられる。最初は軽薄そうで感じよくなかったが、共用トイレを占拠されたのをピッキングで取り返し、入国のススメを伝授してくれるつわもの。この後は登場しないこの人が、後々ロールモデル的存在になるところが面白い。

 慣れないデパート勤めでホームシックを起こすが、姉のように簿記の勉強をしつつ立ち直る。このデパートの上司の女性もなかなか格好良く、仕事に厳しくそれ以外では親切。先の船の女性と合わせて、名前も登場しないようなキャラなのだが、「アメリカの大人の女」の一つの理想形であるな。様々なキャラが登場し、中には反面教師やカルチャーギャップもあり、その中で揉まれて自然にアメリカナイズされていくシアーシャ。移民の街ブルックリンは、アメリカでありながらアイルランド系コミュニティが出来上がっているが、それはもはや故郷とはまったく違う空間でもある。

 仕事になじみ、勉強を続けて自身も身につけたシアーシャ、ここらでぼちぼち地の性格が出てくる。寮の子をほっぽらかして、さあ次は恋愛だ! イタリア人なのに、イタリア人コミュニティに馴染めない男、エモリー・コーエンがここで登場。配管工であまり学はないが、率直で感じのいい男。

 ここらへんまで、異国とカルチャーギャップの描写、それに悩みながらも適応していく主人公を演じたシアーシャの演技が素晴らしく、病に倒れて逝ってしまったお姉さんの思いも背負い、より大きく成長していくのかな、と思ったのであるが……。

 エモリー・コーエン君、シアーシャが田舎に帰ると言い出すと、間髪入れず「じゃあ帰る前に結婚してくれ!」と言い出す。なんというか、ここは実にぞわぞわとする展開であったな。「ええっ、結婚……? ううん、いやじゃないよ、いやじゃないんだけど……約束するだけじゃダメなの?」と何だか可愛く言うシアーシャ。それに対し「帰ってきてくれないんじゃないかと、不安なんだ。結婚! 結婚して!」と言い募るイタリア野郎。
 うーむ、物分かりのいい男を演じたがる見栄っ張りなら、自分の物言いを束縛や執着のように感じ、「うん、じゃあ約束してくれたらいいよ。帰ったら結婚ね」とやっぱり物分かりよさげに送り出してしまうところだろう。だがその時、胸の内では、猛烈に危険信号が鳴り響いているはずだ。それは「自分への自信のなさの現れ」であったり「彼女を信じられない心の弱さ」であるように、もしかしたら思うかもしれない。だが違う。それこそが「男の勘」というやつである。「女の勘」というものに対してないも同然の扱いをされているが、実は誰もが等しく持っているものである。悲しいかな男の持っている「見栄」とか「プライド」と相反するので、なかなかそれに忠実になることができない。だが、勘は常に正しい。「この女は、今、結婚しとかないと危ない!」。早々とけじめを取ることの重要さよ……。

 このエモリー・コーエン君の演じてるキャラは、あまりイタリア人ぽくなくて素朴で、職人らしく地味な夢を語る男。買おうと語る土地は後々しっかり都会になったよね? まあそういう意味では先見の明もあったね。

 それに対して、ここで登場するドーナル・グリーソンは、アイルランドの地元の名家の息子役。昔のシアーシャの「ちょっと地元の男は、マッチョな感じで合わないなあ」と思ってたのとは違っていて、感じもいい。シアーシャ自身の視野が広がり、学も経験も積んで洋行帰りなので周囲の扱いもよくなり、以前なら不釣り合いと叩かれたかもしれないこのカップルが、既成事実のように……。

 この終盤の展開、二人の男のあいだでフラフラする、まるで韓流ドラマのよう。考えてみると、姉ちゃんが急に死んじゃうあたりも含めてな……。もちろん母親や故郷など複数のファクター込みなのだが、どこかにウエイトを置いて善意に解釈するのが可能であるのと同じく、やっぱり地元の金持ち男の方がいいよねと思ってるように悪意で解釈するのも可能である。まあフラフラしてるのは間違いないわけで、印象悪いのは避けようがない。結婚していることを隠し、ドーナル君に言い寄られていい気分に……が、前から嫌な奴だった食料品店のババアに、ほんとはイタリア人と結婚してるんでしょ!とバレていて脅される。ちらりと、ババア、グッジョブだ!と思わないでもなかったが、そこを逆切れ&開き直り、ノーガード戦法で切り抜けるシアーシャ! だからおめえら田舎もんは嫌いなんだよ! 私の名はエイリシュ・フィオレロ! 言われなくてもおん出てやるよ!
 母にだけ別れを告げ、ドーナル家には手紙を放り込み、他には誰にも会わずに翌日の船でアメリカにとんぼ返り! さらば故郷よ……! これ、地元じゃババアに言いふらされて非難轟々だと思うし、母親も村八分になりそうだが、もう二度と帰らんと思えばどうってこたあないのである。ドーナルは「まあ田舎に生まれたのが不運だったね」という非常に不遇な扱いを受けたが、まあいいか、ドーナルだからいつもどおり可哀想というだけだし……。

 同じく船でアメリカに渡って自分に目覚め「ローズ・ドーソン」と名乗る『タイタニック』の格好よさは微塵もないわけだが、まあやっぱりあれは男の作ったある種の理想的女性像であり、今作には実に現実的なものを見せてもらったように思う。確かに少々腹立たしくはあるが、貴方のパートナーも貴方を選んだ時には、本当は心の中で何かを天秤にかけた上で妥協の末に選択したのかもしれませんよ、ということだな……。

chateaudif.hatenadiary.com


 お母さんは悲しみつつも物分りが良くて、もう娘は遠いところで自分の人生を歩んでいるんだ、と割り切るわけだが、実際のところ、食料品店のババアもまた、母親のダークサイド、もう一つの面であるような気がする。あそこの娘はイタリア人と結婚したらしいよ、イヒヒヒ……と他所のことをあげつらう、悪意と偏見と支配欲の塊のような毒親ね……。そう考えると、両者まとめて切り捨てるあたりもうなずけないではない……。

 いや、ほんとに結婚しておいて良かった! 結婚してなければ押し切られていたのではなかろうか。
 帰ってきたシアーシャちゃん、ポスタービジュアルにもなってる壁にもたれているシーンでエモリー・コーエン君と再会。ちょっとしれっとした感じに見えて、自分が戻るんじゃなく形として彼に歩み寄らせるように待っているあたりが、これで本当によかったのかという迷いも感じられつつ、あなたのために帰ってきてあげたのよと、やや受け身に構えるずるさも含んでいるようですね。
 このメインビジュアル、このまま放っておいたらふらっとどこかに行ってしまいそうにも感じられて、それこそが彼女がアメリカで身につけた、スーツケース一つ持って「どこにでも自由に行ける強さ」なんですね。
 そんなトラベラーとして目覚めてしまった彼女の本質を的確に見抜き、結婚というカードを切ったイタリア野郎の「男の勘」の勝利。契約社会アメリカでは、誰もが自由だからこそ契約が必要なのだ……。
 そうは言いつつ、この女、ドーナルに迫られてフラフラしててんで! ということを彼は知らないわけで、まあ殺す必要はないけど、ちょっとヘッドロックして頭頂部をこすりながらこの道路左右10メートルを三往復ぐらいしてもいいとは思うね。
 終盤の急展開が、急にテコ入れしたか時間配分を間違えて後半に見せ場が集中したようで、またベタベタすぎるモテ展開なので、やっぱり連ドラみたい。まあこの軽さも味か……。

 実のところ恋愛や結婚はお呼びじゃない話で、『奇跡の2000マイル』や『私に会うまでの1600キロ』のような旅ムービーと感覚的には近いし、これでハッピーエンドかというとそうではなく、また離婚してフラッとどっか行っちゃうこともありえなくはなかろう、という気がする。だが、それこそが自由であり、それもまた本来誰もが持っているものなのだ……。見終わってみると、まさに永遠の放浪者シアーシャ・ローナンの面目躍如的一本でありました。
chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com

今日の買い物

雑記 映画
『バトル・クリーク・ブロー』BD

バトルクリーク・ブロー [Blu-ray]

バトルクリーク・ブロー [Blu-ray]

 DVDから買い換え。ジャッキー・コレクション。失敗したハリウッド進出!


『飛龍神拳』BD

ジャッキー・チェンの飛龍神拳 [Blu-ray]

ジャッキー・チェンの飛龍神拳 [Blu-ray]

 ジャッキーの3D映画!(ソフトは3Dではありません)


『秘龍拳/少林門』BD

ジャッキー・チェンの秘龍拳/少林門 [Blu-ray]

ジャッキー・チェンの秘龍拳/少林門 [Blu-ray]

 ジョン・ウー監督とジャッキーの顔合わせ。

”奴だけは俺が落とす”『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』

アニメ 映画 ガンダム


「機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」予告(long ver.)_

 青年誌で連載されたコミックの映像化。最初はネット配信されていたが、4話分プラス未公開カットを加えての完全版としてソフトが出て、その先行上映となりました。

 一年戦争末期……。サイド4、ムーア宙域は、破壊されたコロニーやモビルスーツの残骸が帯電したことで、雷鳴渦巻くことから「サンダーボルト宙域」と呼ばれていた。宙域を占拠するジオンの義肢兵リビング・デッド師団の狙撃部隊と、連邦のムーア出身者で構成された同胞団が激突を繰り返す中、ザクのエーススナイパー・ダリルと、ガンダムを駆るイオは宿命に導かれた維持する……。

 一応、宇宙世紀の時系列的に一年戦争終わり頃が時代と舞台として設定されているが、まあ正直ファーストガンダムとはあまり関係ありません。作品のタッチもそうだが、メカ設定も進化しすぎで、完全にパラレルワールド。こんなにフルアーマーなガンダムがビュンビュン活躍してたら、アムロとかシャアの存在が霞むよね。
 宇宙用のマニューバーの挙動がWのリーオーで、艦内の武装の換装システムはSEEDやんか、と思ったところもまあご愛嬌。少年兵の下りは、逆にオルフェンズ辺りに影響を与えているかも、という気がするね。
 容赦なくグロく、殺伐とした展開を、菊地成孔のジャズが彩る。ジャズはBGMではなく、機内で主人公が実際に流しているという設定。通信がつながるほどのレンジ内に入った時、そのジャズが聴こえた時がおまえの死ぬ時……。

 一つ一つの要素は目新しくないのだけれど、よく考えたらガンダムにねじ込んだことはなかったな、というハードコア描写が連発され、シャブ中になってる艦長に爆笑してしまった。ガンダムでクスリと言えば、強化人間やらなんやらを作るためのものがポピュラーだが、これは純然たる慰めを求めるシャブ! リアルな戦争「っぽい」要素をガンガン詰め込み、登場人物にはヒーロー然とした人物も、グズグズ言う少年もいない。

 ジオンと連邦、二人の男の対決は三角関係のような共通の事情が絡むこともなく、それぞれの思いのままに激突する。この二人同士は互いのことが絶対に理解しあえず、共感することもないのだが、観ているこちらだけはわかっているという状況の切なさ……。
 これは「ニュータイプ」も登場しないからで、サイコザクというMSも登場するのだけれど、精神感応じゃなく手足を直接つないでしまうという荒技、こりゃサイコミュじゃないよね!

 既存作でやらなかったことを詰め込み、逆にすでにやったことは注意深く避けていて、各要素をファッションに止めず物語の主要要素まで引き上げた手際が見事で、映像作品としての完成度も高い。
 またMSの描き込みも良くて、ガンダムが正統派RX-78顔で非常に男前。『ジ・オリジン』がもたもたとガンダムを出さずに来てるので、それより先に現在のハイスペック作画でこれを描いちゃった意義は結構大きいんではなかろうか。

 やばいくらいオタクが作ってるけど、同人誌の域は超えていて、でも正史には組み込みづらい、なかなか扱いに困る感じの作品。しかしまあ、こうして映像化されて劇場で流れている時点で、結果は出ているということですよ……。漫画はまだ続いているようなので、続編も期待しています。

殺人kindle医 大石圭編

雑記 電子書籍 小説

 なかなか電子版出ないな〜という作家がいる反面、出る本出る本、過去本から新刊まで続々と電子化される作家もいるんですね。我らが?大石圭もその一人。
 最新刊はこのあたり。

地獄行きでもかまわない (光文社文庫)

地獄行きでもかまわない (光文社文庫)

蜘蛛と蝶

蜘蛛と蝶


 角川ホラー文庫、光文社文庫、幻冬舎に徳間……いや、ほぼ揃っている。

60秒の煉獄 (光文社文庫)

60秒の煉獄 (光文社文庫)

人を殺す、という仕事 光文社文庫

人を殺す、という仕事 光文社文庫

水底(みなそこ)から君を呼ぶ 光文社文庫

水底(みなそこ)から君を呼ぶ 光文社文庫

女が蝶に変わるとき

女が蝶に変わるとき


 実は紙の本で全部持っているので、電子版は特にお気に入りの分をセールで買う程度だったりする。珍しい格闘技小説『人間処刑台』なんかは何回も読んでますね。
chateaudif.hatenadiary.com


kindle化されていない本

 河出文庫の初期の長編『出生率0』がまだ出ていないですね。刊行がかなり古いからかな。
 あとは一時期手がけていたノベライズが『呪怨』が四作品分、『オールド・ボーイ』などの韓国映画のノベライズも出ていないですね。『呪怨』は売れっ子作家になるきっかけだっただけに、ぜひ出してほしいな。

出生率0 (河出文庫)

出生率0 (河出文庫)

オールド・ボーイ (角川ホラー文庫)

オールド・ボーイ (角川ホラー文庫)

呪怨 (角川ホラー文庫)

呪怨 (角川ホラー文庫)

呪怨〈2〉 (角川ホラー文庫)

呪怨〈2〉 (角川ホラー文庫)

今日の買い物

雑記 映画
『クロノス』BD

クロノス HDニューマスター版 [Blu-ray]

クロノス HDニューマスター版 [Blu-ray]

 ギレルモ・デル・トロの初監督作がついに復刻!


プロジェクトA』BD

プロジェクトA エクストリーム・エディション [Blu-ray]

プロジェクトA エクストリーム・エディション [Blu-ray]

 DVDから買い換え。エクストリームエディション!

”あの人、お父さんじゃありません”『クリーピー』

映画


『クリーピー 偽りの隣人』予告編

 黒沢清監督作。

 刑事だったが失職し、現在は犯罪心理学者になった高倉。刑事時代の後輩・野上の頼みで、6年前の家族失踪事件の分析に携わることに。しかし糸口をつかめないままに、被害者の死体のみが発見されることになる。そんな時、引越したての高倉と妻は、怪しげな雰囲気を持つ隣人・西野一家と親交を結ぶのだが……。

 最近、夫婦愛づいている黒沢清監督、今作もまたそのバリエーション。ただまあ『岸辺の旅』とは全然違うサイコサスペンス。

chateaudif.hatenadiary.com

 冒頭、サイコパスと思しき殺人の容疑者が取調室から逃げ出し、担当していた西島くんが説得を試みるも、自らは刺され人質を殺される大失態。職を辞した彼はサイコパス研究の分野で大学の先生になり、平穏と言うより退屈な日々を過ごしていた。そんな彼が興味を持ったのは、ある一家の失踪事件。警察の後輩東出くんのつてで、唯一の生き残りである少女に連絡を取ろうとする。

 さて、まずは事件現場に行った西島くん、「ここには犯罪現場独特の空気がある」、東出くん「そうですね、確かに」。う、うーん、どこにどう……?と思ってしまうんだが、これは黒沢清おなじみのギャグなんだな……。もう全編に渡って不穏なムードしかないところに、笑いを取りにきてるのかきてないのか、シュールな繰り返しギャグを連打する毎度の黒沢節だ……!
 冒頭の西島くんの大失態も、「いや、それはまずいだろ……状況読めてなさすぎだろ……」という展開になっていたのだが、警察を辞めて大学で働いてても彼はまったく変わっていないのがわかる。環境の方を自分に合わせたというか……。
 死んだ目をしている東出くんもそうなのだが、主要人物の多くが、最初に西島くんが解説する「サイコパス」の要件を満たしてそうな雰囲気を醸し出しており、話が通じているようで通じていない雰囲気がある。反面、彼ら同士はすんなり通じてそうな……。

 家を引っ越したばかりの西島君、妻の竹内結子と共に隣に挨拶に……。夫婦ものということで、もちろん『岸辺の旅』を思い出したのだけれど、今作を見てる最中は全然深っちゃんの顔が出てこず、あれも竹内結子だったような気がしてしまった。演技のレベルでは深津絵里の方がかなり上だと思うんだけれど、そこは演出が同じなせいか……?

 西島君が事件捜査に段々とのめり込んでいく一方で、ついに隣の男こと香川照之登場。全然話の通じてない感じが怖い。なのになぜかペースに乗せられ絡め取られていく竹内結子。背景としては西島君との夫婦関係の噛み合わなさもあるのだろう。
 たまたま西島君が追い始めた事件と、隣に住んでいる男がシンクロしていく……というのは映画だからということで一回だけなら許される「ありえない偶然」だろうが、全編に渡る不穏さしかない黒沢清節に乗っかって、ところどころ強引な飛躍もある。原作小説ではちょいちょい説明されているんだろうが、多分、原作はろくに原型を留めていないのではなかろうか、というぐらいにキャラクターの人格破綻ぶりがすごい。
 香川照之がデンジャラスなのはまあ当然として、西島君の事件をつい「おもしろい」と言っちゃったり、突っ込んだことを聞くのに夢中になったりするところも、作中で段々とボルテージが上がっていってしまいには常人の箍を外してしまうような勢いになる。三津田信三の「刀城言哉」シリーズでは、主人公が怪異現象と聞くと目を輝かせて夢中になる、という設定があり、それ自体は愛すべきとも不謹慎とも特に描かれていないのだが、この演出と絵面で見せられると、いかにもアウトという感じになるね。

 過去と現在、二組の隣り合った家の位置関係が同じ、というのも理屈があるようなないような、あの給水塔の存在に意味はあるのかないのか、また不明瞭なのだが、嫌な雰囲気だけはひしひしと伝わってくる。
また家の中がな……香川照之演ずる男の心象風景なのか、一見普通の玄関口なのだけれど、角を曲がると……なに……これ……。『チェイサー』でもこんな家が出てきたけれど、急に殺風景になって奥には鉄の扉が……。
 「北九州監禁殺人」を題材にしたということだが、隣人によって「鬼」と呼ばれる男の住む場所はまさに「地獄」なんですね。民家の中とは思えない、それ以前の用途は何に使ってたのかもわからない部屋で、香川照之が作ったのか前に住んでいた誰かが作ったのか、そんなことも定かではなく、ただそこにある。そこにはまった者はもう逃げられない。一応、なんとなく薬物らしきものが出てきてその強烈なマインドコントロールの理由付けにされるのだが、そういう理屈を超えて、もはやホラーの領域ですね。

 ここで「娘」役の「あの人、お父さんじゃありません」藤野涼子ちゃんの、操られつつも憤懣を溜め込んでいる感覚が母親の死でさらに膨らみ、なのに反抗できない異様さを見せるあたりも効いてますね。

 それを撃つのは、同じく非人間的な領域に迫った西島君……なのかとも思ったが、生き残りである川口春奈を追いかけるシーンの「見上げるアングル」など、類似性こそ強調されるが、デッドコピー化していって一向に対立概念になれない感じがもどかしいですね。そうこうしているうちに、完全にはまってしまっている竹内結子……明日はどっちだ!
 全然役に立たない警察も含め、おなじみのシュールなギャグが、生き生きと活写され、後半はもうノリノリですよ。そんな中ではマックス君は癒しだったな。なんというバカ犬だ! 香川照之にもあっさりと懐き、洗脳の必要もない! 全然役に立たない、と思ったけど、結構重要な役割も果たしたりして侮れなかった。

 職業:協会理事などなど、胡散臭さを強調するキーワードも満載で、思わず真似したくなる台詞や顔芸もあり、あまり真面目に見なくても、ネタとしても十二分に語れる映画でしたね。近年の黒沢清映画としてもベストだ!

クリーピー (光文社文庫)

クリーピー (光文社文庫)

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―