読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”守りたいもの”『ワイルド・スピード ICE BREAK』(ネタバレ)


『ワイルド・スピード ICE BREAK』予告映像

 シリーズ第8弾!

 レティとのハネムーンを過ごすドミニク。だが、新たな敵の魔手が迫る……。ホブスの頼みで重要ミッションに参加したドミニクとファミリーたち。しかし、意外な男の裏切りによりホブスは投獄されることに……。

 前作はあまり映画としては評価していないのだが、オープニングは最高、エンディングはポール・ウォーカーにどうしたって泣かせられる作りなので、トータルの満足度は高かったですね。

chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com

 さて、ブライアンの離脱を経ての続編。ハネムーン中のヴィン・ディーゼルに接触してくる新たな敵、シャリーズ・セロンが接触してくる。なぜか彼女に協力し、ロック様や仲間との共同ミッションの際に裏切るヴィン・ディーゼル。なぜ彼は敵に回ったのか?
 この謎を軸に、空中分解しかけのファミリーには、ロック様に加えて収監されていたジェイソン・ステイサムが助っ人として参加して新チームでセロン一味に対抗することに……。あ、スコット・イーストウッドも出て来て、みんなにいじられます。

 ここ数作の全てに、実は天才ハッカーシャリーズ・セロンが黒幕あるいは共犯者として絡んでいた!という後付け設定が飛び出して、話の作りは少々雑かな、と思う。実はドムが裏切ったわけは、人質を取られていたことが原因で、それはミシェル・ロドリゲス不在時だけの恋人エレナと実はその間に密かに生まれていた赤ん坊だった……というのも、今作から登場の壮絶な後付け。ドムは赤ん坊の存在を知らず、人質にされて初めて知ったという設定。さらに、任務に手間取ったことを咎められたドムの前でエレナは殺されてしまう……。うーん、これは完全な作劇の都合だな……。あとでレティ以外に母親がいると話がややこしくなるから殺しただろ……。

 そんなお話の強引さはさておき、アクションシーンは今回は整理されていてやたらと見やすい。一時期、誰も彼もが殴り合いしてて、もう車映画じゃなくなってきたな、と思いかけていたが、今作はヴィン・ディーゼルは車の運転すごすぎ! ロック様は筋肉が無敵! ジェイソン・ステイサムは射撃と格闘が速すぎ! と、キャラごとの個性に合わせて役割分担、見せ場の分担が為されている。ステイサムの機内バトルは若干『トリプルX 再起動』と被っているが、そろそろいい歳かと思ってたけどステイサム史上においても稀に見るキレキレっぷりではないか。前作のオープニングで「すでに全員倒してました」という演出の裏で、実はこういうことが起きてたんだね……!と想像させるに充分ですよ。

chateaudif.hatenadiary.com

 さらに、「ファミリー」と口癖のように言ってるのがブライアン不在でますます空洞化しないかと心配されていたところを、安直に口だけで言うのじゃなく今作のテーマにまで昇華させたあたりも良し。今までのファミリー、新しいファミリー、ジェイソン・ステイサムというライバルキャラのファミリーを対比させて、互いに受け入れ合う過程を印象付ける。F・ゲイリー・グレイ監督による大変手堅い物作りですね。
 中盤の「ゾンビタイム」もクライマックスの「アイスブレイク」も、まあここまで来たかという感じではあるが、全て自動車ならではのアクションで統一していて、これは今作において一旦仕切り直しを図った成果だろう。

 さて、赤ん坊を無事に助け出してのおなじみBBQ。まだファーストネームを決めてなかったので、

「紹介する……新しいファミリー、ブライアン!」

 わーっ、パチパチパチ……! うむむむむ、実は死んでるんだけど、作中では死んでない設定になっていて、でも扱いは完全に死んだことになってるブライアン……! 感動的だが1〜2割ほど釈然としない引っ掛かりが残るラストでありました。

”営業時間を過ぎたら”『午後8時の訪問者』


『午後8時の訪問者』監督メッセージつき予告

 ダルデンヌ兄弟監督作!

 午後8時に鳴った診療所のドアベル。だが、当直のジェニーは営業時間を過ぎていたのでそれを無視。だが、翌日、ベルを鳴らした少女が遺体で発見される。監視カメラに助けを求める姿が映っていたのを見たジェニーは、名前も知らない少女の足取りを追い始める。

 カンヌでは微妙に不評だったというこの映画。まあ確かに、『少年と自転車』に『サンドラの週末』と比べてもさらに地味だったな……。

chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com

 場末の診療所で働く主人公、不器用そうな研修医に怒り、閉院時間を過ぎて鳴らされたインターホンを無視しろと命令。こんな時間にくるやつが悪い、もっと割り切れ、とお説教。よくある歪んだ正論という感じで、こういうのは絶対に人の心を打つことはないわね。そして、この時インターホンを押していた少女が、翌朝に死体となって発見されたのであった。

 殺人事件はもちろん、医者の領分ではないのだけれど、目の前の人を救えず、そもそも手を差し伸べもしなかった上に、偉そうに説教かましていた事実は消えず、密かに事件の真相を追い求めることに。
 一応、ミステリ的な構図になるのだが、捜査(?)は足を使った地味なもので、特段意外な真相やトリックが隠されているわけではない。主人公は大手病院への転職も決まっていたのだが、罪の意識からそれも蹴って、診療所に居残って被害者の足取りを追い続ける。

 スコア一切なしで、環境音だけで淡々と展開する、まさに砂を噛むような地味さ。医療の場面でも、事件の捜査でもひたすらに対症療法に明け暮れる、まったく華のない地味な姿……。だがまあ、これこそが医者の本分である、と描き続ける。

 深さ2mの穴からは自力では脱出できない、という大変に地味なアクションシーンなどもあり、地味というかリアルの極みまで行っている感じで、全体としては大変な力作なのだろうが、個々のシーンはなかなか印象に残りづらい。が、ボタンの落ちた小さな音を拾って、ここからは「音」が重要ですよ、と印象付けてくるクライマックスは、なかなか見応えがありましたね。

 市井の人々の姿と社会問題、そしてそこに対峙する者の矜持というテーマはまたも貫かれていて、地味ながらも良作でありましたよ。

”紅蓮の塔”『バーニング・オーシャン』


『バーニング・オーシャン』本予告

 ピーター・バーグ監督作!

 メキシコ湾沖80キロ、ディープウォーター・ホライゾン。安全上の懸念から掘削テストも終わらず、採掘が停止中だったが、工期の遅れと採算を理由に、石油会社の幹部が再開を迫る。だが、つかの間、安全かと思われた直後、異様な警報音が鳴り響き……。

 マーク・ウォールバーグ主演で『ローン・サバイバー』に続き、また実話物。仲いいんだな、この二人は……。で、またヒロイックに熱く煽りまくるのかと思いきや、状況的に追い込んでくる容赦なさだけはそのままに、事故を前にした人間の無力さを突きつけ、男たちの熱い友情とか発揮してる暇、一切なしというリアル路線に……。

chateaudif.hatenadiary.com

 マーク・ウォールバーグカート・ラッセルらの現場に序盤から漂ってくる「なんかおかしくない……?」「やめといた方がよくない……?」という不穏な空気に対する、上役マルコビッチによる「これはつまりこういうことだ!」という正常化バイアス。作業日程は押しまくってるし、伸びれば伸びるほど予算もふくらむ。そろそろ再開しないとまずい、という、実際に油が出るのか、機材のメンテナンスは万全かということとはまったく関係がない経済的事情が優先され、圧力に負けて現場も容認……。
 経済的事情の前には、安全性や人的資源が真っ先にないがしろにされていく、という企業あるある、社会人あるあるを突きつけつつ、結局、ことが起きるまでは誰も真剣に受け止めないし、「まあ大丈夫だろう」という安直さからは逃れられないということを描く。歴史に学ぶと言うと簡単だが、誰もそんな「歴史的悲劇」が自分に起こるとは、リアルな意味では想像できないのだ。いかにも頼れる現場監督然としているカート・ラッセル(カーくんは実在の人には似てなかったな)も、一度は容認してしまうのがまた恐ろしい。

 予告編では、石油がにじんでるのかと思ってた映像は、実は泥水だったわけだが、そんな単なる水で大火災が起きちゃうという現実の恐ろしさ。とにかく映像はド派手で、その場の地獄っぷりを素晴らしい臨場感でたっぷり堪能できますよ。
 反面、話は地味で、もう事故が起きちゃったら避難するだけで何もできない。一応、被害の拡大を防ごうとはするのだが、もはや収拾はつかず。小さな成功を挟んで被害を減らし、ちょっとしたカタルシスを入れてくるのが、パニック映画のありがちなパターンなのだが、実話は厳しいのだ……。
 よくあるパニックものではあちこち燃えたり崩れてるのに結構延々と広い空間を走り回ってたりするが(逆にその長さを沈むまでの時間の表現として使ったのが『タイタニック』なわけだ)、今作はじきに逃げ場がなくなり、人間の動ける空間はほんの少しになってしまう。そのせいで、人間の活躍する見せ場までなくなってしまうという……。三つ四つ山場や見せ場を用意するのが普通の現代エンタメとしては弱いんだが、まあそこを煽りすぎないのがコンセプト通りで、逆に今作の良さなんだと言えるところ。

 事故収束後の処理のノーカタルシスっぷりも合わせ、むしろ無味乾燥な印象さえ残る、ドライかつ怖い映画でありました。

今日の買い物

トリプルX ネクスト・レベル』BD

トリプルX ネクスト・レベル [Blu-ray]

トリプルX ネクスト・レベル [Blu-ray]

 これは未見だったシリーズ二作目。『再起動』のためには必見だな……。


”荊の城に来た者は”『お嬢さん』


『お嬢さん』劇場特別予告編


 パク・チャヌク監督作。

 1939年、日本統治下の朝鮮半島。膨大な蔵書と強権的な叔父に囲まれて豪邸で暮らす秀子のもとに、新しいメイドがやってくる。珠子、本名はスッキ……。彼女は、秀子と財産を狙う伯爵という詐欺師の仲間だった。秀子と親しくなり、彼女の安心を買おうとするスッキだったが……。

 これは今年の期待作の一本でありました。『イノセント・ガーデン』以来のパク・チャヌク映画で、ハリウッドから韓国に舞い戻ったものの原作はヨーロッパのミステリ、それを大日本帝国統治下の朝鮮に翻案という、大胆そのものな企画ですよ。サラ・ウォーターズ『荊の城』ということで、これは耽美色も強いし、監督の資質的にもぴったりなんじゃないか、と思っていたところ。

chateaudif.hatenadiary.com

 映画は三章で構成されていて、もう第一章だけでも普通のサスペンス映画一本として成立しちゃうぐらいの完成度。主演の「お嬢さん」はキム・ミニ。『火車』の韓国版で見たな……日本版では佐々木希がやってた役を「台詞あり」で演じていましたね。そして「お嬢さん」と呼びかける側である侍女役をキム・テリ。この子は完全に新人で、オーディションで選ばれたという新星。侍女として潜り込んではいるが、実は詐欺の片棒を担いでいるというキャラ。純真そうでいて実際は小狡い面もあり、したたかさとうぶさが同居している存在感。これは確かに役者としてのカラーがまだないからできる役。

chateaudif.hatenadiary.com

 詐欺の仕掛け人はハ・ジョンウで、この人はまあいつもの役と言うか、悪賢く、マッチョで、でもちょっと可愛げのある偽貴族を演じている。
 第一章では仕掛けの全ては伺えず、随所に違和感を覚えさせつつも、まずは最初のどんでん返しへ……。二章、三章と進むにつれてキャラクターの裏の目的や心情が次々と明らかになって行く。

 167分という長尺だが、洋館と日本家屋の組み合わさった舞台(劇じゃないがこういう表現をしたくなる)の絢爛さと、そこに渦巻く奇怪な情念が重層的に積み重なって、非常に密度の濃い物語性を獲得している。
 閉ざされた家庭環境からの脱出、という『イノセント・ガーデン』感も踏まえつつ、悪の成長譚ではなくガール・ミーツ・ガール的な爽やかさが、ドロドロの物語から立ち上ってくるというギャップにやられますね。ウォシャウスキーがまだ兄弟だったころの『バウンド』であり『テルマ&ルイーズ』であり『マッドマックス 怒りのデスロード』であり『少女革命ウテナ』であり……。

chateaudif.hatenadiary.com

 それに対し、最後までチンコにこだわる男の矜持の悲しさ! またこのキャラがハ・ジョンウにぴったりで、男は幾つになっても男子中学生のようなマインドを持ち続けてしまうのだ、という情けなさを体現しつつ、激ヤセして変態を演じるチョ・ジヌンと共に「崩壊」を迎える展開の異様なカタルシスよ。

 オチは原作と変わってるので、サラ・ウォーターズも最初は「え〜っ、じゃあ原作じゃなくて原案にしといてね」と渋ってたのが、完成したら喜んでしまって三回見た、というのもまたすごい話だ……。
 第一部の正体の見えない息苦しさが、第二部において重層な建築物そのままの密度で正体を現し、それが第三部において見事に打ち壊される鮮やかさ。ネタや展開がまったく読めないかというとそうではないが、それ以上にそこで物語られることの痛快さにやられますね。期待はしてたけど、軽く飛び越えて来た面白さでありました。

”故郷を目指して”『LION』


『LION/ライオン ~25年目のただいま~』予告編

 グーグルアースで故郷を探せ!

 オーストラリアで暮らす青年、サルーの過去。それは5歳の時に生まれたインドで迷子となって家族と離れ離れになり、生き別れのまま養子に出されたことだった。二十数年を経て、母と兄を探すため、サルーはわずかな記憶を頼りに故郷を探し始める……。

 実話ベースのお話ですが、いきなり「これは真実の物語」としちゃう戸田奈津子字幕。まあ全てが本当というわけではなく、映画化ならではの脚色もされています。

 前情報ではこのグーグルアース話にスポットが当たっていて、大人になってから過去回想を交えつつ進める構成かな、と想像していたのだが、割合直球に子供時代から始まる。兄ちゃんの仕事について行くが、駅ではぐれ、電車に乗ってしまい数日閉じ込められたまま揺られて遥か彼方に……ついた先は言葉も通じない!

 いやあ、インドは広いね……。そして、お供え物を食べて食いつなぐ少年に迫る、子供さらいの魔の手……。浮浪児を直接さらってくような暴力的なのから、世話しながら言葉巧みに騙して売り飛ばすような陰湿なものまで様々。主人公サルー君は危機察知能力が高く、これを回避し続け、やっとこさまともな人に拾ってもらえることに。しかし施設に入ったら入ったでそこもきな臭く、夜中に連れ出される男の子を目撃……。まあ大人が見りゃもろに虐待だ、とわかるわけだが、子供目線だと何だかわからないけれどとにかく危険なことが起きている、ぐらいの感じか?

 そしてついに運命の出会いが訪れ、タスマニアから来た夫婦に里子として引き取られることに……。この母親役が二コール・キッドマン。近年では初めて若作りせずに役を演じた、ということ。登場時の30歳前後とサルー少年の成長後の50代を大差なくやっているため、やっぱり時空が歪んでる感じはしたんだが……。
 少年と里親夫婦の対面時、サルー君はタスマニアと書いたTシャツを着せられてて、アピールが激しいなインド人! 自重してくれ!と思ったが、これも実話なのな。

 そして25年、何不自由なく成長したサルーだが、同じ境遇で後から里子として迎え入れられた義弟のマントッシュ君は、家を出て立派なヤク中になってしまっていた……。インドで虐待を受け、自傷癖を持って育ってしまったマントッシュ君の不幸さを見るにつけ、サルーは自分とのギャップを感じ、逆に幸せである自分に罪悪感を抱く……。
 インド料理パーティで、かつて故郷で兄にねだった焼き菓子を発見し、望郷の思いは募る。記憶の中の兄映像がやたらとフラッシュバックするトラウマ映像表現が少々くどい感じで、実際はもうちょっと落ち着いた感じだったのでは、と想像。ただまあ、ほとんど忘れてたけど興味本位で始めたら引っ込みがつかなくなった、ぐらいの動機だったとしても、それでは映画にならんからこういう描き方になるかな。

 ガールフレンド役にはルーニー・マーラ。登場時の無駄な可愛さ、ベッドシーン、喧嘩したり一緒に感動してくれたり……こりゃ一体なんなんだ? という感じだが、感情移入させるための装置であろうか……。ルーニーも自分の役に大して意味がないことがわかっているのか、開き直ってひたすら可愛くやっているような。

 時系列通りに丁寧にお話を追っているので、グーグルアースで故郷を探す部分のテクニカルさはさしたる分量もなく、ちょっとあっさりしている。が、終盤になって序盤の丁寧な描写がようやく効いて来て、サルーの少年時代を追体験したことで、彼が記憶を辿る過程にうまくシンクロできるようになってくる。そして、訪れる感動のラスト……!

 例によって、エンドロールの実際の映像や写真の方が感動するのだが、まあそれも含めて実話ベース映画ということで。サルーはいいとして、マントッシュ君は立ち直れたのであろうか、と心配になってしまうのだが……。

”お前はそんな奴じゃない”『ムーンライト』


ブラッド・ピット製作総指揮!映画『ムーンライト』予告編

 アカデミー作品賞受賞作!

 リトルと仇名され、いじめられている内気な少年のシャロンは、ある日、フアンという男に助けられる。生きる道を教えてくれたフアンを慕うシャロンだが、彼は麻薬のディーラーでもあり、母は彼からクスリを買っていた……。時が流れ、高校に行くようになったシャロンだが……。

 『ラ・ラ・ランド』と受賞を争い、式におけるあのお騒がせな手違いが有名になりましたが、日本でも拡大公開となりました。昨年が「白人ばかり」と批判されたエクスキューズとしての受賞、という面も否定できないかもだが、シンプルな構成で面白い。

chateaudif.hatenadiary.com

 冒頭のマシンガン撮影には、えっ、と思わされたが幼年期、少年期、青年期と三パートに分けられた中盤以降はどんどん落ち着いてきて安心。あまりトリッキーなカメラワークが続くと疲れるからな。
 漠然とした不安感の強い幼年期、主人公のシャロン少年は、メンター的存在になってくれるフアンと出会う。父親不在で母と暮らす彼のロールモデルになり得る、たくましく強い男。パートナーにも愛され尊敬されていて、子供にも優しい。その優しさは強さと賢さに裏打ちされていて、シャロンを肯定し、すでに自覚が芽生え始めていたゲイであるということも受け入れてくれるのである。
 ……とまあ、悪いことなしなのかと思いきや、職業だけがヤクの売人で、しかもシャロンの母親が常連客というドツボ! 三部構成を振り返ると、シャロン少年には何度か転機があり、それによっては青年期の状況もまた違ってきたのではと思わせるのだが、様々なことがネックになってうまくいかない。さらにこのフアンさん、二部以降は出て来ず、ああ……やっぱり長生きはできんのね、こういう生き方は……と思わせる。

 少年期はイジメが苛烈になり、沈み込む一方のシャロン君に対し、相変わらず明るく接するものの調子よく世渡り上手に楽しんでいる幼馴染のケヴィン君。幼年期からいい奴だったが、今やそのコミュニケーションスキルを活かし、女の子にもモテモテ。さらに月光の射す海辺でシャロンともいい雰囲気に……。
 なんかこの辺り、そのコミュニケーションスキルの高さとバイセクシャルであることが都合よく同じもののように扱われている気がしないでもない。コミュ障のバイも普通にいるだろうという気がするが……?
 そしてケヴィン君、いじめっ子にも調子を合わせていたことが災いし、大勢の目の前でシャロンを殴らされることに。幼馴染を取るか、空気を読み続けるのか問われる展開だが、苦渋の表情でシャロンを殴り飛ばすケヴィン! ひどい!
 学校でカウンセリングを受けるシャロンだが、カウンセラーは「大の男が殴られて……」みたいなことを言って、まったくわかってない感が半端ない。こんな奴は信用できない、ということで、独力で復讐に手を染めるシャロンであった……。

 青年期では「えっ!?」となるぐらいにガチムチのマッチョになっているシャロン。かつての面影はないが、演技と演出で寄せてるのがさすがだな……。その後、少年院に行ってヤクの売人になってのしあがった、というフアンと同じコースをたどっている。マッチョだし、これはさぞモテるようになっているだろう、それはそれで良かったな……と思ってたら、どうも裏社会で強く見せるにはゲイはご法度なのか、相変わらず周囲には秘密だったよう。ムキムキで歯も金ピカで、もはや見た目だけでいじめられるようなことはなくなっているとはいえ、悲しみが止まらないな……。

 そんな折、あのケヴィン君から電話。あの時はすまなかった……また会いたいと語る彼。許せない、忘れたいと思っていたけど、正直言うと、再びコンタクトを取ってしまえばきっと許してしまうと気づいていた……。
 彼の働くダイナーにそっと行ってみることにしたシャロン、店の近くに車を止めて、いそいそと髪と服装を直す。完全に初恋の人に会いに行くモード。
 久々にあったケヴィン君の、白シャツが似合う地に足のついたカタギっぷりがカッコよく、また料理をするところも知的だ……。その彼の前で上からハメてるだけの金歯を外して、ちょっと恥ずかしそうなシャロン……トキメキすぎだろ!

 人種、貧困、性差の問題などきっちり練り込みながら、普遍的なラブストーリーの色合いを美しい映像で仕上げた秀作で、びっくりするようなインパクトはないが観やすいし完成度も高い。これはこれでアカデミー賞に相応しい映画だし、同じ恋愛ネタとして『ラ・ラ・ランド』と賞を争ったということで比べて観ても面白いですね。
 個人的には、ダイナーのシーンで、テーブルに落としてしまった豆を拾って食べたところに、一番共感しました。