読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”過ぎ去りし日々”『グッバイ、サマー』

映画


ミシェル・ゴンドリー監督の青春ムービー!映画『グッバイ、サマー』予告編

 ミシェル・ゴンドリー監督作!

 14歳になっても思うように身長が伸びず、女の子のような容姿をからかわれているダニエル。パンクにハマる兄、過干渉な母、無関心な父……。ある日、転校してきたテオという少年と仲良くなったダニエルは、手先が器用でガラクタを修理する彼の特技を生かし、自分たちで車を作ることにする。永遠に思い出に残る夏が始まった……。

 『ウィ・アンド・アイ』『ムード・インディゴ』からちょっと間が空いて、久しぶりの新作です。今作は、監督自身の少年時代をモデルにしたパーソナルな映画。原題は『ミクロとガソリン』で、これは主人公二人のあだ名。本人らが名乗ってるわけではなく、学校でつけられたむしろ嫌な呼び名ですね。

chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com

 監督の少年期をモデルにしたのがミクロことダニエル。絵が趣味だが、背が低いことや女の子に見えるルックス、性の目覚めなど様々な悩みを抱える。鬱病で宗教にはまる母、それに無関心な父、パンクバンドやってる兄と、まあ平凡と言えば平凡だが何かとノイズの多い家庭環境。
 その親友になるのが転校生のテオ。趣味は機械いじり、少々偏屈だが明るく前向き。貧乏な骨董品屋の父親と糖尿病の母親、軍隊に入った兄の間で、これまた家庭環境はよろしくない。仕事の手伝い含め、いつもバイクやその他機械をいじってるせいで、ガソリンの匂いがすることからそう呼ばれる。

 日常の閉塞感と、周囲になじめないはみ出し者二人の友情……というと非常にあっさりしているのだが、全編センスの塊のようなビジュアルでオシャレすぎ。
 最近では『シング・ストリート』を見た時も「ああ、オシャレだなあ」と思ったのだが、オシャレさ加減についてのみ言うと、もはや次元が違うとしか言いようがない。かといって嫌味なひけらかしは微塵も感じさせず、ファンタジーと現実が絶妙な折り合いをつけている。
 テオ君のサッカーや個展のシーンの芸達者ぶりが最高だし、毎度毎度女の子に間違えられるダニエルの屈折ぶりも良い。「髪切ったら間違われないだろ」と言われ「切ったら余計に負けだ!」みたいなことを言い出すあたり、いや……その気持ち……わかるよ……。日本人風俗嬢にバリカンでバッサリ行かれてしまい、なぜか落ち武者カットになるあたりも最高ですね。

 夏のバケーションなんて行くはずもない双方の親から離れ、自作の車でフランス行く下りは、実際の少年時代には実現できなかった夢だそうで、ここからはフィクション性が増してよりファンタジックな描写が増えてくる。家に偽装して警察をごまかすあたりの大らかさ、他の監督がやれば噴飯ものだろうが、前半のリアルな心情描写と絶妙に並列させるセンスが凄すぎる……。このセンスの海にいつまでも浸っていたい。終わってしまうのがもったいない……。
 後ろを向いて飛ぶ飛行機の描写は、現実に「巻き戻し」されるような感覚であると同時に、旅に後ろ髪引かれる終わってほしくない気持ちの現れでもあり……いやあ……寂しいねえ。

 大冒険こそしなかったものの、自分も小中学校の頃の友人を思い出させられたし、遠く離れたフランスの物語でありながら、普遍的な味わいも兼ね備えている。
 オドレィ・トトゥ演じるアメリお母さんが完全なる「ババア、ノックしろよ!」案件であるのにも爆笑。あのエロ絵の話は本当につらい! さらに映画そのものが「疎遠になった友達」案件でもあるので、ライムスター宇多丸のムービーウォッチメンでも取り上げてほしかったな。
 ラスト、視点を揺さぶって女の子で終わるあたりは、ダニエルの変化や成長を感じさせてこれまた好もしいところ。やっぱり女の子の方が身体も精神も早熟なんだけど、男子もある時ひょいと追いついて、別の方向に行ってしまう。でも女子はそれがわからない。何でしょうね、この言い寄られてた時はすげなくしてたけど、いざ自分から興味が失われると寂しくなる感覚、これもまた、失うと惜しくなる症候群か……。

恋愛睡眠のすすめ [DVD]

恋愛睡眠のすすめ [DVD]

アメリ [Blu-ray]

アメリ [Blu-ray]

”僕はここにいていいんだ”『スーサイド・スクワッド』


映画『スーサイド・スクワッド』日本版最終予告編

 DCユニバース最新作!

 スーパーマン登場以後、政府はデミヒューマンへの危険視を強め、同じくデミヒューマンや犯罪者たちで構成された特殊部隊スーサイド・スクワッドを結成する。捨て駒としての犯罪者たちのみで構成された最悪の部隊は、世界の危機である魔女の暴走に対し投入されるのだが……。

 バットマン他に登場するヴィランが集結し、悪の部隊を結成という話をデヴィッド・エアー監督が映画化。
 各ヴィランは最初から逮捕されて刑務所に入っており、大変悪いお顔をしたヴィオラ・デイヴィスが、今後もスーパーマンみたいな怪物が荒れ狂っても対策を打てるように、悪党で超人部隊を作ろうと提案。彼らのプロフィールを解説する。
 のっけからダラダラと説明的なのだが、マーゴット・ロビーハーレイ・クインとウィル・スミスのデッドショットだけ長くて、その後に出てくるメンバーはどんどん短くなっていくから笑った。映画としては推しが露骨だということだが、ヴィオラ・デイヴィスのキャラは何を思ってこんな(以下略)みたいな説明をしたんだろうね。

 その後も各キャラの行動を交えて紹介が続くのだが、脇キャラのバックボーンがばっさり切られているので、ハーレイとウィル・スミスのバディムービーでもいいんじゃないか、という気がしてくる。しかしそもそもハーレイはバット持ってるだけの女だし、ウィル・スミスは射撃がうまいだけの男なので、超人部隊という体裁を整えるには火を出す奴とかワニ男が必要なのだな。でも別にブーメラン男とか、「ホリョダ!」のアダム・ビーチとかいらんよね。

 さらに、本来なら超人部隊と同じ手駒の一つだった魔女が裏切って逃げ出したせいで、用意しかけていた部隊がたまたま必要になりました……という、なんだこのマッチポンプ感は……すごい内輪めいた話で、まったく緊張感がない。でもまあ、魔女は世界を滅ぼすだけの力を持っているのだから、なんとかしないといけないんだ!
 ページをめくると大ゴマで、悪役が世界を滅ぼそうとしていて、周りの人が「WOW!」「BOMB!」とか言ってる……というのがアメコミに対する浅薄なイメージなんだが、その通りに展開するのでなんだかなあ、という感じ。

 相当、編集で切ったらしく、権力者と手打ちしたはずのウィル・スミスが次に牢を出る場面でまた看守に抵抗してたり、どうにも辻褄が合わないつなぎが多くなっているのも盛り上がりを削ぎ、ずーっと面白くないまま続く。非常にわかりづらい、入り込みにくい話になっているが、 「アメコミの素養が必要」「ユニバース構想はやっぱりマーベルが」とか大げさな話じゃなく、単純にメンバーが集まってスーサイド・スクワッドを結成するまでをパート1で描き、続編を魔女との戦いにして、90分ずつにすれば普通に面白くなったんじゃないかな、という気もした。

 しかし後半に入って盛り上がるかというとそうでもなく、いつの間にかよくわからないことに廃墟になっている無人の街中で、無個性な量産型の脇役と延々撃ち合うシーンが続くと、もう起きているのも辛い。この時点では主役メンバーもまったくやる気がないし。
 が、『フューリー』のブラピ神主催のお食事シーンもひどかったが、やる気出すはずの今作の酒場のシーンもやたらとじめじめして、何を言ってるのかわからない。

chateaudif.hatenadiary.com

 そして魔女との戦い……。技が決まった→解説→次はあの手だ! という、アメコミ的なもっさりしたコマ割りをそのまま映像にしちゃうと、こんなにもダサくカッコ悪いのか、と衝撃を受ける。しかもそれがクライマックスだからな……。
 スモークの中で大勢が何をするでもなく、突っ立つかウロウロする間抜けな絵面にも驚いた。そして決めは……スローモーション! これがそれなりに金かかってる超大作なのか……?
 魔女二刀流からのチャンバラ、殴り合いの末、武器を引っ込めた魔女が「もう飽きた」と全員の武器を奪っちゃう展開にもビックリ。さっきまでのチャンバラは何だったんだ?

 全編まんべんなく面白くなくて、終盤で全てぶち壊しにした『ファンタスティック・フォー』とまた違う肌触りのつまらなさだった。やっぱり前振りなしで「有名」キャラ集合!というのは無理がある。確かにジョーカーは知っているが、このジャレッド・レトジョーカーが今までに何をした人なのかに関しては、よくわからないんだよな。ジャック・ニコルソンジョーカーとかヒース・レジャージョーカーがやったことは参考にならんし。アメコミ読んでなんとなくイメージ作ってきてください、ということであろうか。まあジャレッド・レトはそれなりに熱演したそうで、これもカットの弊害なのかもしれない。あまり活躍しない白塗りの人、ぐらいの印象だしな。
 逆に綺麗なジョーカーが出てくる夢は、TVエヴァの最終回のようで爆笑した。

chateaudif.hatenadiary.com

 時々出てくるベンアフバットマン、初めて観たけど、ケツアゴ以前に露出してる顎が無精髭だらけで超汚いな……。でもベン・アフレック自体の演技は、こいつら成敗してやるぜという意思を常に感じさせて、いつもみたいにぼんやりしてなくてなかなかいいと思う。

 話の都合で刑務所に最初から集まって、続編の都合でまた刑務所に戻されるあたりも含め、何もかもが様々な事情によって縛られている印象を強く受けましたね。これでは面白くなるはずもないし、監督も腕を振るえないわな。これが最後のDC映画観賞になってしまうかな……。

サボタージュ [Blu-ray]

サボタージュ [Blu-ray]

今日の買い物

映画 雑記
少林寺木人券』BD

少林寺木人拳 [Blu-ray]

少林寺木人拳 [Blu-ray]

 ジャッキー・チェンコレクション。整形前のではこれが面白いんじゃないか。


成龍拳』BD

成龍拳 [Blu-ray]

成龍拳 [Blu-ray]

 これもジャッキー・コレクション。


シャンハイ・ヌーン』BD

 『ラッシュ・アワー』に続くハリウッドでの代表的シリーズ。

”バナナの皮”『イレブン・ミニッツ』

映画


『イレブン・ミニッツ』予告

 スコリモフスキ監督作!

 午後5時……。映画監督との面接にホテルにやってきた女優。嫉妬深いその夫。ホテルの前でホットドッグの屋台を開く刑務所を出たばかりの男。バイクでホテル前に向かうその息子。様々な人間模様がわずか11分の間に絡み合う……。

 監督作は初見。もう78歳なのな。『アベンジャーズ』の、スカヨハを捕まえていたロシアのスパイ役でカメオ出演していた人。

chateaudif.hatenadiary.com

 わずか11分の間に起きたことを視点と時間軸をクロスさせて描く群像劇。

 あるホテルとその周辺で起きた数々の出来事を、すれ違わせながら同じ時間軸、近い空間にあることを強調しながら描いていく。個々のエピソードが非常に生活感にあふれていて、言っちゃあ超地味なのな。お決まりの情事や、家族あるいは夫婦間の不和、人生への行き詰まりの気配がそこここに感じられ、出口の見えない日常がこの先にも待っていることが感じ取れる。
 登場人物同士はお互いに関係なく、作中ではすれ違いを繰り返すのみ。そこかしこで重なる彼らの関係が、どう収束していくのか? 群像劇の見所は、やはりその収束具合だと思うのだが、往々にして風呂敷をたたまないこともあるわけで、今回はそのパターンだったな。
 途中、この世界を映し出すモニターの存在が示唆され、作中の犬の視点と対照的に、より高次の視点があることが匂わされる。この映画を見る観客の視点であると同時に、より俯瞰した目線で全てを見る「神」的な視点か……。

 いや、オチはある意味最高で、こんだけ引っ張って、よくこんなオチをつけられるものだ、と感心してしまうよ。描写はリアルかつ地味に積み上げていたのに、泡ですべったというだけでそれが全部吹っ飛ぶ。別な意味でカタルシスがあるというか……。
 やっぱりこの監督のように歳をとると、世の中の人の営為すべてが、いつ消し飛ぶかわからない儚いものだと思うようになるのだろうか。わずか11分の間にあれだけのことが起きている、そんな世界の奥行きを感じさせつつ、でもそれはモニターの一つのドットにすら満たない小さな出来事でもあるという逆説ですね。

 想像していたよりもはるかにトンパチな映画で、まあ短くてよかった。二時間見てこのオチだったら切れてるわなあ。

出発 [DVD]

出発 [DVD]

”母の女友達”『ライト/オフ』

映画


「ライト/オフ」予告編

 新感覚ホラー映画?

 継父の死、重篤の度合いを増す母の鬱……。離れて暮らす娘のレベッカは、幼い弟マーティンから、危機が迫っていることを告げられる。継父を殺し、家の暗闇に潜む謎の何かは、とうとうレベッカの元にも姿を現わすように……。

 『死霊館』シリーズのジェームズ・ワンがプロデュースした新作ホラー。照明を消した時のみ現れる謎の存在の恐怖を描く。

chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com

 いや、ほんとに電気をパッと消したらシルエットが現れ、点けたら消えるからわかりやすい。何度も入切してると不意に近づいてて……。ダルマさんがころんだ的にタイミングずらしたら姿が見えたりするわけではないんだな。暗いところでのみ活動し、明かりをつければ寄ってこない。が、ブレーカーを落としたりするのは平然とやってくるので、防ぎづらい。

 このルールのイヤさ加減、逃げられなさに対するテクニカルなディフェンスは、夜間は常に明かりをつける、昼間も暗いところには入らない、ということ。手元の懐中電灯や蝋燭までは消しにこないので、それを身近に置いておけば一応は安心。もっともあの手この手を使ってくるので……。
 シルエットを見ればわかるが、人型をしていて知能を持っているらしいこともわかる。怪力の持ち主で爪か牙が発達している様子。暗闇にいる間はこちらから触れることもできないし、力では対抗できない。

 うーむ、これは難敵だ。が、実は主人公とその母親、継父は最初からその正体を知っているのである。母が幼い頃から存在し、常に家の暗がりに潜み続けていた、その名は……。

 いや、これまったく謎の存在だったらさぞ恐ろしかったと思うのだが、

名前があっさりわかる。
出自があっさりわかる。
弱点があっさりわかる。
よくしゃべる。

 と、まあこれだけ段階を踏みつつもながら、神秘性が調べるまでもなく吹っ飛んでしまう。その度に怖さは薄れ、単なるクリーチャーもののアクション映画のようになっていく……。ビジュアルが明らかになると、さらに怖さは半減。

 そうは言っても、防ぐことはできても致命傷は与えられないのがこの手の怪物。では倒すにはどうするか……本体を叩けばいい!
 なんだか『ジョジョ』みたいになってきたが、これってまさにスタンド能力なんだよな。本体の精神に寄生していて、安定剤を飲んでいない時に顕在化、コントロールは効かないから自動追尾型だな。コントロールできれば、近距離パワー型としても使えそうな……。スタンドを攻撃できるのはスタンドだけなので、スタンド使いでない主人公たちからは直接攻撃できない。このルールの中でいかにして打破するか?
 ヒロインも同じ素養があるんだから、やっぱりスタンドに目覚めたら面白いんだがな。能力バトルの果てに、最後は近距離で一騎打ちだ。

「射程距離に……入ったぜ……。出しな……てめえの……”ダイアナ”を……!」

 まあまあ面白いんだが、いかんせんハラハラはするものの、ストーリー的には全く怖くないのが難点でありました。親子ものであるあたり『ババドック』にも似てるが、憑いてるのが子なのか親なのかで、展開もオチもこうも変わってくるのだなあ。タイトル通り「ライト」に楽しめる一本ではあるし、また次回作を楽しみに……。

インシディアス [Blu-ray]

インシディアス [Blu-ray]

今日の買い物

雑記 映画
サスペリア』BD

サスペリア <HDリマスター/パーフェクト・コレクション> [Blu-ray]

サスペリア [Blu-ray]

 何回めのソフト化? 今回こそ決定版か? ものすごい画質で驚く。



『ヤング・マスター』BD

ヤング・マスター/師弟出馬  エクストリーム・エディション [Blu-ray]

ヤング・マスター/師弟出馬 エクストリーム・エディション [Blu-ray]

 ジャッキーコレクション。エクストリーム・エディション!

”星の降る夜に”『君の名は。』(ネタバレ)

映画 アニメ


「君の名は。」予告

 新海誠最新作!

 千年ぶりの彗星来訪をひと月後に控えた日本。田舎町に暮らす三葉は、町長である父との不仲や、神社である家の厳しいしきたりに嫌気がさし、友人とともに東京に憧れる日々を過ごしていた。ある夜、彼女は不思議な夢を見る。夢の中で彼女は、同い年の東京に住む男子高校生、瀧となっていて……?

 前作の童貞映画『言の葉の庭』は45分の中編だったが、今回は大長編。長編は『星を追う子ども』(未見)以来ということになりますが、今年はジブリ細田守も不在の東宝の夏アニメ枠……マジ? 本気で言ってるの、それ? こんなオタク御用達、空とポエムばっかりの作家にそんな大作やらせて大丈夫なの?

chateaudif.hatenadiary.com

 予告見たら、前作とキャラデザは打って変わって表情豊かなものになっていて、それ自体はいいとしても実際問題使いこなせているのか、と不安も高まる。あー、心配だ心配だ。大コケして回復不可能なダメージを負わないだろうか、新海君が……と何だか気になってしまう。赤の他人なのにな……。でもさあ、なんかこう……ほっとけないんだよ! オレが観に行ってあげなくちゃ……という気にさせるんだよ!

 この後の展開を示唆する映像とモノローグの組み合わせ、テレビアニメみたいなオープニング、そして相変わらずの空の美しさ……何か落ちてきてるけど……。冒頭はいつもどおりで、あ〜やってるやってる、またやってるよ、という内容。
 そして前触れなく、突如「入れ替わり」が起きる……。男女間の入れ替わりの生々しさ、田舎と都会のコミュニケーションの齟齬などをコミカルに入れ込み、ただし決してねちこくならずテンポ良くさらりと……。見てて感じる気恥ずかしさはそのままあるのだが、過去作とは少し毛色が違って、そのこと自体をくどくど描かない。また、かなり大胆な省略が繰り返されていて、男の方が最初に女の身体に入った一日はバッサリカットされ、周囲からの説明によって描かれる。逆に女が男の身体に入った一日はしっかり描かれ、次ではそれが逆転し、時に同時進行する。
 今作、後半への伏線もあってかなり情報量が多いのだが、いつもの演出をしながら手際が格段に良くなっていて、モノローグも抑えめで、みっしりと絵で見せてくる。
 徐々に惹かれゆく二人の、邂逅の時は迫っている……はずだったが……実は女の方はすでに死んでいたのだっ!

 だがしかし……そうはさせない! オーロラが出たことで過去のお父さんと無線がつながってしまう『オーロラの彼方へ』という映画がありましたが、そこで火災で死んでしまうはずだったお父さんを救おうとしたのと同様、今作でも……過去を変えるのだ!
 オーロラと今作の彗星が絵面的にかぶるので、新海誠もこの映画見たんじゃないかと思ったが、その彗星が割れて落下し、ど田舎の街を直撃したから仰天しました。いや、新海映画の空やら天体現象はただの風景であり、とにかく美しいもの、せいぜいが物悲しいものとして撮られてきていたので、それが突如、禍々しい牙を剥く展開には本当に意表を突かれましたね。やられた! シン・ゴジラの背びれビーム以上にやられた!

 後半の展開は非常にアクティブで、「遥か彼方にいても思いは通じる」が設定や前提ではなくなっている。座って飯食ってるだけでも通じあえるわけじゃなくて、より行動し声に出して伝えていかねば何も成立しないのだ、というところが今までの新海作品と一線を画すものになっている。
 ごちゃごちゃ恋愛と自分のことにばかりかまけているのではなく、故郷や家族、友人にも「対象」を広げ、より普遍的な想いの強さをも描く。おかげで非常に大作感が生まれているし、全国で一般観客向けに公開するのにふさわしい強度を手に入れている。
 映像や演出など、新海映画の集大成でもあるのだが、はっきりと新境地も開いており、代表作として『君の名は。』以前、以後として今後語られるようになるんではなかろうか。

 かといって、作家性、エゴ、ナルシシズム、それらが薄れたわけではまったくないのが面白いところ。田舎の閉塞感のようなものはきっちり描かれていて、自身の出生である土建屋を継ぐ継がないという問題、ヒロインの生家における世嗣ぎ問題、郷土の伝承の風化などが多面的に語られる……のだが、土建屋から平然と発破を持ち出し、バアさんの「婿養子のくせに」という人でなし発言をさらっと登場させ、陰口を叩くクラスメイトを一蹴りで黙らせるあたり、いや、正直だね……。
 新海誠本人の田舎への郷愁は景色のみで、ヒロインの言う「都会に行きたい」、東京大好きが本音というところだろうか。彗星には世界が滅びる鬱映画『メランコリア』的な破壊衝動も感じる。人が死ぬ必要はさらさらないけれど、場としての田舎は滅び去れ! 災害描写は3.11メタファーなのだが、滅びるのが予言通り、みたいな乱暴さもあり、ババアの教えや伝統芸能が、街が救われることプラス自分の恋愛のために存在した、というのはすごいナルシシズムだ。

chateaudif.hatenadiary.com

 ヒロインや友人ら主要登場人物はみんな東京へと去り、親以上の世代のその後は語られないあたり、まさに「親殺し」の物語であったとも言える。
 災害後も「東京」は無傷で温存されているあたり、ちょっとユートピアとして捉えすぎなような甘さも感じるが、そのエクスキューズとして、「この街もいつかなくなるかも」という台詞があるのかな。

 ラストの構図は『秒速5センチメートル』そっくりなのだが、あの映画では去りゆく者に対して結局何もしなかった主人公が、別の男と結婚されてしまうという至極当然な結末を迎えたことに、妙に自己憐憫を抱いていたのが気持ち悪かったのに対し、今作でははっきりと出会って終わる。それはハッピーエンドであること以上に、社会に出た主人公があの体験を経て、恋愛という責任に直接向き合ったということが大きな進歩と言えるのではないか。映画はあそこで終わるが、人生は続いていく。

 美しい思い出とともに故郷に訣別し、親殺しを果たし、仕事に誇りを持って社会に出て、愛する人と巡り合えました……って、文句のつけようもないな! 完全に脱童貞を果たし、新海誠はこうして自信に満ちた大人になって、その結果である今作でもって大きな名声を得たのだから、ちょっと出来過ぎではなかろうか。これはやっかみの声が出て当然である。おまえの本性は『ほしのこえ』じゃなかったのか! 『秒速』の頃に帰ってきてくれ! そんな怨嗟の声に対して、大人となった新海誠は何を思うのか? 少なくとも、もう僕が冒頭のような心配を抱く必要は、もはや欠片もなくなったわけだから、集大成たる今作を経て、新たな地平へと踏み出していってもらいたいものである。

オーロラの彼方へ [DVD]

オーロラの彼方へ [DVD]

ほしのこえ

ほしのこえ