読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の買い物

雑記 映画 アニメ
ストレンヂア』BD

 DVDから買い換え。

”私の名は。”『バイオハザード:ザ・ファイナル』(ネタバレ)

映画 ミラ・ジョヴォヴィッチ


映画『バイオハザード: ザ・ファイナル』日本版予告編2

 シリーズ、ついに完結!

 ウェスカーの罠だったホワイトハウス決戦を生き延びたアリス。彼女の前にレッドクイーンが現れ、48時間以内に人類最後の居留地が殲滅されると伝えられる。阻止するためには、アリスがハイブにやってくること……。再びラクーンシティに向かったアリスの前には、いくつもの再会が待ち受けていた……。

 2002年の第一作から14年、とうとうこのシリーズも終わります。邦題で勝手に「ファイナル」とつけられているのでは、と疑いましたが、ちゃんと原題も「FINAL CHAPTER」となってました。
 で、今回、たぶん初めて明言されたけれど、作中でも第一作のアリスの目覚めから10年が経過していることが判明。

「目覚めてから、もう10年もこんなことばかり続けている……」

 と、戦いに飽いたように語るアリス。恋人も家族もなく、運命に翻弄され戦いに明け暮れる日々……。その戦いにもついに終わりがくる日がやってきた。明かされるアリスの正体、そして過去……!

chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com

 冒頭で、アンブレラの創設者の一人マーカス博士と、老化が急速に進行する奇病をわずらった娘のアリシアこそが、Tウイルスのすべての発端であると語られる。マーカス博士はアンブレラ社と対立して消され、アリシアのその後は不明……ということだが、ハイブの地下深くに冷凍睡眠されたアンブレラ社首脳陣と一部富裕層と共に、老いながらもまだ生存していた。
 その幼少時の姿をコピーして作られた人工知能がレッドクイーンである、ということも語られるのだが、このレッドクイーン役は監督とミラの娘エヴァ・アンダーソンが演じているのね。

 思えば三作目から、アリスのクローンが大量に登場して画面上におけるミラ様占有率はどんどん上がっていき、これは双子、タイムトラベル、クローンなどで二役に命賭けてるジャン・クロード・ヴァン・ダムをもすでに超えてるな……と思っていたのだが、今作ではまさにそれを決定づける一打を放つ。
 アンブレラ創設者の娘アリシアの、病気という因子を排除したクローンこそがアリスだったのだっ! すなわちアリシア・マーカス=レッドクイーン=アリスということで、主要登場人物、キーパーソンのほとんどが同一人物であることが明らかに。クライマックスで対面している三人が、実は全員ミラ様であるという驚異の占有率。どこを切ってもミラ、ミラ、ミラ……なんというエゴ、なんという夫婦愛、なんという私物化っぷり。その強烈な主張には圧倒される思いである。
 四作目ではアリスがオリジナルだ、みたいなことをウェスカーが言っていたので、多分これ、早くても前作ぐらいの時点で出来た後付け設定なんだろうな……と思う。シリーズのラストでどんでん返しを演出するための……。先日、ひさびさに第一作を見直したが、この頃はマジに非人間的美貌のミラ様だけど、大きな矛盾こそないがこのラストにつながる伏線は見えなかったぜ。

 ただ、このところ定番になった冒頭の「My name is Alice」が、もう一回発せられた時に以前とはまったく違う意味合いを伴って聞こえる、というラストは非常に美しい。本編は終わったが、全てが収束したわけではなく戦いはまだ続くだろう、と示唆される。だが、「昨日」を手に入れたことで「今日」生きる実感を手に入れ、自己を回復したアリスのもはや「明日」を恐れなくなった姿からは微塵も絶望は感じられず、生きていくことへの希望が満ち溢れていて、それがある限り彼女は決して負けないだろうと思わせる。

 嫁LOVE映画なのは間違いないが、監督の分身的キャラクターは一切登場せず、恋愛要素は欠片もなし。ただひたすらにミラ様を格好良く撮ることに注力しているし、今作はストーリー的にも、アリスという女性のアイデンティティの回復と確立が描かれる。妻が好きな俺が好き、なんじゃなくて、ポール・WS・アンダーソンは本当に一人の女性としてのミラのことが好きなんだなあ……という気がして胸が熱くなるんである。子供ももちろん好きで、おばあさんになっても好きだよ……という……。
 思えば恋愛関係から始まって、四作目の頃に結婚、一人目の子供と共演し、二人目の子供が生まれた時点で完結という、二人の歩みを語るに欠かせないシリーズになった。人生の充実した時期に好きな人と物作りに取り組めたということは大変素晴らしいし、出来は確かにたかがしれているかもしれないが、女優のアナルレイプシーンを合意なしで撮ったベルトルッチなんかより、遥かに人間として上等じゃないですかね。

 映画の中身は、得意の空撮や、今回採用したロケ撮影はなかなかいい雰囲気で、相変わらずのゲームっぽいステージクリア展開もらしくて良いのだが、アクション編集が細切れで全然ダメで、クライマックスも「え? ガイ・リッチーのホームズ?」「え? ロボコップ?」とパクってるのかオマージュなのか苦しい展開が続き、こりゃあつらい!
 才能の枯渇っぷりが甚だしく、息も絶え絶えで、もはや何の引き出しも残っていない。それでもミラ様LOVEだけを胸に、這うようにラストに進んでいく監督の姿に号泣ですよ! 頑張れ! あとちょっとでゴールだ! 最後は監督に肩を貸して夫婦ゴールインを決めるミラ様、笑顔で迎える娘ちゃん……!

「おめでとう」
「おめでとう」
「めでたいなあ」
「おめでとうさん」

 妻に、ありがとう
 バイオに、さようなら
 そして、全てのPWSAファンに
 おめでとう

 何にせよ『X-MEN アポカリプス』などと同じく、とりあえず「終わった」ということが感慨深いラストでありました。今後もなぜかテレビでしつこく放送され続けてほしいな!

”闇の音”『ドント・ブリーズ』

映画


映画 『ドント・ブリーズ』 予告

 盲目のおじいちゃん映画!

 デトロイトで窃盗を繰り返すロッキー、マニー、アレックスの三人が、街を出る前の最後の標的として狙ったのは、保険金を受け取り隠し持っていると言われる老人の家。盲目であるという老人から盗み出すのは、実に簡単な作業である……はずだった……。

 『ローグ・ワン』に続いて盲目ものの映画を見てしまった。舞台はデトロイト。警備会社に勤める父親の持つ情報を盗み出し、セキュリティを外して重犯罪にならない3万ドル程度までの窃盗を繰り返している三人組。足を洗う最後の大仕事として、娘の事故死による保険金を受け取ったと言われる盲目の老人宅を狙うことに……。だが、老人は元海兵隊所属の凄腕だった!

 最初に問題の屋内に入るシーンで、あらかじめ屋根裏やらベッドの下の銃やら、これから起きることの仕掛けを見せてしまうあたりが面白い。それぞれ、割合さらっと使われたり、重要な役割を担ったりするのだが、そうやって最初に見せておいて、実はそれはすべてではないのだな。後からそこでは見せなかったサプライズが登場したりして、全ては驚かせるテクニックである。
 屋内の小道具の位置関係とカメラワークで迫真感を出す、非常に真面目な内容で、意外とハッタリもなく、あくまで作中に登場するもののみで怖さを表現してくる。海兵隊出身のじいさんだが、何人殺したとか設定で上げ底するのではなく(例:俺の教官だった男だ)、あくまで本編中のアクションによってのみ、強さ恐ろしさを表現していく。
 対戦相手の泥棒三人組との戦力差が圧倒的であるかというとそうではなく、こうすれば勝てるんじゃないか、俺ならこうするんだが……と考えながら観るのも楽しいですね。
 所詮、小悪党どもだし、こいつらを成敗するおじいちゃんを応援するのもありか……?と思いきや、怪物的サイコっぷりが発揮される中盤のサプライズもナイス。レイプはしない、と言うが、チンコ使わなくてもレイプはレイプですから、という余計におぞましい方法を使ってくるあたり最悪だ! なんか割れそうだし、毛がついてて超汚いし!
 さすがに後半はネタが尽きてくるかな……と思いきや、犬を頑張らせて粘るのも良かったですね。

 舞台となるデトロイトは行政が崩壊してほぼ廃墟で、周辺に誰も住んでいない。銃をぶっ放しても犬が吠えても助けを求める叫び声をあげても、誰もこないというこういう映画にぴったりのロケーションが、実際にリアリティを持ってしまっているのだな……。オレはてっきり、「最後に警官さえも全く来ない」というオチになるかと思ったよ。

 心理的に怖いのではなく、理詰めでハラハラさせてくる体感型のアトラクション・ホラー映画で、非常に面白かった。脱POVがこれでまた進むのかな、という気がするね。

ブラインド・フューリー [DVD]

ブラインド・フューリー [DVD]

2016年全鑑賞作品とランキング

雑記 映画

 2016年は劇場では旧作、映画祭など含めて120回鑑賞となりました。去年より2割減。

 鑑賞総額は、会員更新や映画祭のサポーターなども合わせて、129100円、一本平均1076円でした。一番良く行った劇場は、TOHOシネマズなんばで本館・別館合わせて31本。
 妻と一緒に観たのは41本でした。

 さて、旧作7本、複数回鑑賞2回を除いた全111作のランキングは下記。

〜10 最高!
〜30 とにかく好き!
〜60 面白かったよ
〜90 ダメとは言わないが……
〜100 つらい……
〜105 吐きそう
〜111 存在が許しがたい

 ダラダラもたついた『スーサイド・スクワッド』、壮絶に期待を裏切った『私たちが飛べる日』、センス皆無『獣は月夜に夢を見る』、気持ち悪すぎ『ある天文学者の恋文』にワーストを進呈します。

 ベストフィフティーンはこちら。
chateaudif.hatenadiary.com

  1. 『イップ・マン 継承』
  2. 『私の少女時代』
  3. 『クリーピー』
  4. スティーブ・ジョブズ
  5. シン・ゴジラ
  6. 『グッバイ、サマー』
  7. 『最愛の子』
  8. リリーのすべて
  9. 『母の残像』
  10. 『ザ・ギフト』
  11. 『ダゲレオタイプの女』
  12. X-MEN アポカリプス』
  13. 『ストレイト・アウタ・コンプトン』
  14. 『ルーム』
  15. 機動戦士ガンダム サンダーボルト』
  16. 『神なるオオカミ』
  17. 『さざなみ』
  18. 『ハンズ・オブ・ラヴ』
  19. 『シング・ストリート』
  20. 『疑惑のチャンピオン』
  21. 『手紙は覚えている』
  22. 『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ
  23. ヘイトフル・エイト
  24. 『ジェーン』
  25. 『ヒメアノール』
  26. 『ブルックリン』
  27. 『小さな園の大きな奇跡』
  28. 『こころに剣士を』
  29. バイオハザード・ザ・ファイナル』
  30. 君の名は。
  31. ハドソン川の奇跡
  32. 『キャロル』
  33. エクス・マキナ
  34. 『イット・フォローズ』
  35. 『ガール・オン・ザ・トレイン』
  36. 『若葉のころ』
  37. 『ドント・ブリーズ』
  38. 『ディーパンの戦い』
  39. 『スポットライト』
  40. 高慢と偏見とゾンビ』
  41. 『欠けてる一族』
  42. 『暗殺』
  43. 『10クローバーフィールド・レーン』
  44. 『マジカル・ガール』
  45. 『貞子VS伽倻子』
  46. 『ノック・ノック』
  47. 『ハードコア』
  48. サウルの息子
  49. この世界の片隅に
  50. ブリッジ・オブ・スパイ
  51. 死霊館 エンフィールド事件』
  52. 『The kids』
  53. 『マネー・ショート』
  54. 『ボーダーライン』
  55. 『これが私の人生設計』
  56. 『ロスト・バケーション』
  57. 『完全なるチェックメイト
  58. 残穢 住んではいけない部屋』
  59. 『殺されたミンジュ』
  60. 『オデッセイ』
  61. 『インサイダーズ』
  62. 『不屈の男 アンブロークン』
  63. 『ヒマラヤ』
  64. 『メン・イン・キャット』
  65. 『ローグ・ワン』
  66. 『見えない目撃者』
  67. GANTZ:O』
  68. アイアムアヒーロー
  69. ゴーストバスターズ
  70. 『レヴェナント』
  71. エージェント・ウルトラ
  72. 『エル・クラン』
  73. 『ライト・オフ』
  74. クリムゾン・ピーク
  75. ブラック・スキャンダル
  76. 『ドラゴン・ブレイド
  77. 『ゾンビスクール!』
  78. 『香港はもう明日』
  79. 『荒らし』
  80. 『レイジー、ヘイジー、クレイジー』
  81. 『ウォン・カーヤン』
  82. 『ヴィクトリア』
  83. ウォークラフト
  84. 『神のゆらぎ』
  85. 『イレブン・ミニッツ』
  86. 『怒り』
  87. 『ラスト・ウィッチ・ハンター』
  88. 『Xミッション』
  89. 『魔界戦記』
  90. 『追憶の森』
  91. デッドプール
  92. 『シークレット・アイズ』
  93. 『コロニア』
  94. 『コップ・カー』
  95. 『エブリバディ・ウォンツ・サム』
  96. 『シークレット・オブ・モンスター』
  97. コードギアス 亡国のアキト 最終章 愛しき者たちへ』
  98. 『香港、華麗なるオフィスライフ』
  99. 『タイガー・マウンテン』
  100. マクベス
  101. 『サウスポー』
  102. 『白鯨との戦い』
  103. 『砂上の法廷』
  104. エンド・オブ・キングダム
  105. マネーモンスター
  106. 『ダーク・プレイス』
  107. インデペンデンス・デイ:リサージェンス
  108. スーサイド・スクワッド
  109. 『私たちが飛べる日』
  110. 『獣は月夜に夢を見る』
  111. 『ある天文学者の恋文』


 旧作鑑賞は7本。

エクソシスト3
『カリスマ』
ゼイリブ
『炎628』
戦争のはらわた
『It is fine! Everything is fine
八仙飯店之人肉饅頭

 自宅他での鑑賞は14本。

インファナル・アフェア
恋する惑星
『スケルトン・キー』
ストレイン シーズン2』
『ソード・オブ・デスティニー』
ローラーガールズ・ダイアリー
『MAMA』
『回路』
『プロメテウス』
『ビッグゲーム』
『小さき勇者たち ガメラ
『SPY』
プライドと偏見
スターウォーズ エピソード3』

今日の買い物

雑記 映画
『スピード』BD

 キアヌさんの出世作


『ナイルの宝石』BD

 子供の頃、なぜか劇場で見た映画。

”死の星を射て”『ローグ・ワン』

映画 ドニー・イェン


「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」予告 希望編

 スターウォーズのスピンオフ!

 十数年の時を経て、ついに完成せんとする帝国軍の最強兵器デス・スター。これが完成することで、帝国は星一つを一撃で破壊する力を手に入れ、その支配体制を確固たるものとするだろう。だが、その中枢から謎の信号が送られてくる。送り主は設計者である天才科学者ゲイレン・アーソ。デス・スターには弱点がある……。ゲイレンと接触するため、反乱軍は彼の娘ジン・アーソを探し出すのだが……。

 とりあえずドニー・イェン出演ということで要注目だったこの映画。ドニーさんのハリウッド進出と言えば、『ハイランダー 最終戦士』に『ブレイド2』と、存在感こそ残したもののキャラに恵まれず、という印象。今回はより大きな役になり、ようやく真のハリウッド進出を成し遂げたと言えそう。

chateaudif.hatenadiary.com
chateaudif.hatenadiary.com

 トータルした出番こそ控えめな分量ですが、座頭市を意識した盲目アクションでトルーパーをバッタバッタと薙ぎ倒す姿のシュールさと切れ味、作中の「フォース」への信仰を体現する役どころの重要性、登場シーンの画面外から声だけが聞こえてくるところのインパクトなど、今度こそ役に恵まれた感あり。
 キャリア的には、中国本土でのブレイク以降、表現者として完熟を迎えた感があっただけに、今作での活躍とハリウッドデビューは、嬉しいボーナスという風に感じたところ。仮に今作に出なかったとしても、ドニーさん自身の価値は小揺るぎもしないのだけど、スター・ウォーズに出たことでキャリアに大きな箔がついたようで嬉しい。
 相棒役のチアン・ウェンもいい味を出してましたね。この人は『関羽』などでドニーさんとも共演してますが、このちょっと暗いと言うか、独特の「素直になれない」感じが良くて、チアルートのまっすぐさといい対照になっている。

 ギャレス・エドワーズは『モンスターズ』に『ゴジラ』と、まあつまらなくはないけれどポテンヒット、一見打率は良く見えるけど内容は……という印象。今作も前半がかなりたどたどしく、間延びした顔アップのショットで邦画みたいな説明台詞がダラダラ続くあたりにはかなり辟易した。雰囲気暗めにまとめた中でスターウォーズの小道具がひしめく美術の凝りようが素晴らしい一方で、本当に人間ドラマ撮るのが下手なのか興味がないのか……?
 途中で本当に人間ドラマに飽きてきたのか、「あの……ちょっとだけ……タコ出していいですかね?」と『モンスターズ』からゲスト出演させたようなタコが登場し、しかし何の役にも立っていない! 出さないと間が持たなかったのだろうか……?

chateaudif.hatenadiary.com

 フォレスト・ウィテカーがかなり重要な役のはずなのだが、再登場した時にはヨレヨレになっているのはいいとして、過激なレジスタンス活動を行なっていた時代の話が一向に描かれず、冒頭の登場シーンとのギャップがないため、まったくキャラが立っていないのが苦しい。「戦いに傷つき疲れた男」をいくらその場で熱演しても、シナリオ上で表現されていないとインパクトがないし、マッツ父不在時の主人公の父親がわりとなったはずなのに、彼女にどういう影響を与えたのかも不明瞭で対比にならないのもつらい。
 彼に代表される急進派抵抗勢力が、帝国に対し力及ばなかったことが主人公たちにどう伝わり、果たして教訓を残したのか反面教師となったのか、終盤に示される「希望」をつなぐ一助になったのかそうでなかったのか、そもそも全然関係ないように見える。

 この後、デススターの試射が行われ、惑星を吹っ飛ばすほどの出力じゃなく威力を絞って発射し、ジェダの街が消し飛ばされる。で、その衝撃波が段々と伝わってきて地震と爆風によってフォレスト・ウィテカー砦も吹き飛ぶ……んだけど、まあタイムラグがあるのは理屈上はあり得るんだろうけど、その間に逃げる逃げないでモタモタしたり、ホログラムを持ち出し忘れたり、ヒマがあったようななかったような、感覚的に受け取りづらいシーンになっている。もうほんのちょい出力が高かったら一瞬で吹き飛んでたような気がするが、そうならなかったのは幸運だったのだろうけれど、単にフォレスト・ウィテカーとのお別れを盛り上げるためだけにこんなにモタモタしたような御都合主義。まるで『海猿』のような……。

 またマッツさん父と敵司令の関係は割合ネチネチと描かれ、相変わらずモテるなこの人は……と思わせるところ。デススターにわざと弱点を残した!というあたりが、実にグズグズと回りくどく自己弁護的で、やっぱり裏切ってるんじゃないの、父親が悪に染まってる方がスターウォーズらしいよな、と思ったのだが、普通にいい人のままだった。ここらへんのひねりのなさもなんかもったいないな……。

 終盤は宇宙で艦隊戦、地上で主人公たちが局地戦と、おなじみのスターウォーズのフォーマットが大々的に導入され、俄然面白さが増してくる。が、この終盤はギャレス抜きで追加撮影して編集し直したそうで、監督の立つ瀬のない感がすごい。さらにダース・ベイダーまでが大暴れするわけで、これだけ詰め込めば面白くないわけがないだろう、と言う気がすると同時に、前半とのチグハグ感もどんどん増してくる。同じキャラクターが出ている、別の映画を見ているような……。キャラが立ってる主要人物たちだけで乗り込むのではなく、急に死ぬためのモブキャラがどっと増え、「フォースと共に」が共有されてしまってるあたりも、少々マジックワード感があって首をひねる。
 ただまあ、最近EP3を見直したのだが、ジェダイってやはり限界を迎えて滅びるべくして滅びたもので、彼らの特権的な超能力ではなく、名もなき民衆の希望となってる方が、世界的人気シリーズの中の「フォース」という言葉の扱いとしては遥かに座りがいいように思う。

 後半の大爆発でどうにかお釣りが出たものの、どうにも評価しづらい映画でありました。何だろうね、砂浜を走るシーンでイウォークがいっしょに走ってれば、それで満足したような気もするんだが……。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー  オリジナル・サウンドトラック

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

ルシフ様の2016映画ベストフィフティーン!

雑記 映画

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 じわっと映画鑑賞も減ってきて、2016は120回と相成りました。恒例のベスト15です。邦画の当たり年なんて言われましたが、別にそれほど本数は見ませんでした。韓国映画が公開規模が小さくなっていて、また減ってしまったかな……。前作の気に入らなかった続編もの(スタトレ、ジャック・リーチャー、スーパーマンetc……)をどんどん切ってたら、かなり大作離れした印象です。

 では、今回はこちら!

1.『イップ・マン 継承』

f:id:chateaudif:20170103211200j:plain:w600

 今年も日本公開したら見るけど、また一位になっちゃうかな……。
chateaudif.hatenadiary.com


2.『私の少女時代』

f:id:chateaudif:20170103211152j:plain:w600

 二回鑑賞。ベタの極みプラス、オールドファンに優しい作り。
chateaudif.hatenadiary.com


3.『クリーピー』

f:id:chateaudif:20170103211138j:plain:w600

 地獄のギャグエッセンス。
chateaudif.hatenadiary.com


5.『シン・ゴジラ

f:id:chateaudif:20170103211125j:plain:w600

 二回鑑賞。単純に面白く作ってくれてありがとう。
chateaudif.hatenadiary.com


6.『グッバイ、サマー』

f:id:chateaudif:20170103211119j:plain:w600

 なんでこんなにまばゆいんでしょうか。
chateaudif.hatenadiary.com


7.『最愛の子』

f:id:chateaudif:20170103211114j:plain:w600

 重いテーマと切れ切れのラストで、今年の『真夜中のゆりかご』枠。
chateaudif.hatenadiary.com

最愛の子 [DVD]

最愛の子 [DVD]


9.『母の残像』

f:id:chateaudif:20170103211055j:plain:w600

 フレッシュかつ繊細な作り。ガブリエル・バーンに笑かされるとは。
chateaudif.hatenadiary.com


10.『ザ・ギフト』

f:id:chateaudif:20170103211049j:plain:w600

 思わぬ才人登場。
chateaudif.hatenadiary.com

ザ・ギフト[Blu-ray]

ザ・ギフト[Blu-ray]


11.『ダゲレオタイプの女』

f:id:chateaudif:20170103211044j:plain:w450

 黒沢清二本目。エッフェル塔がまるで墓標。
chateaudif.hatenadiary.com


12.『X-MEN アポカリプス』

f:id:chateaudif:20170103211037j:plain:w450

 ドラゴンボール劇場版のような中身の無さなのに作家性全開、という不思議な映画。
chateaudif.hatenadiary.com


13.『ストレイト・アウタ・コンプトン』

f:id:chateaudif:20140805175326j:plain:w450

 SMAPも誰かがガンで死んだらこんな映画作ればいい。
chateaudif.hatenadiary.com


14.『ルーム』

f:id:chateaudif:20170103210957j:plain:w450

 ちょっとあざといぐらい子役がいけてる映画。
chateaudif.hatenadiary.com

ルーム [Blu-ray]

ルーム [Blu-ray]


15.『機動戦士ガンダム サンダーボルト』

f:id:chateaudif:20170103210914j:plain:w450

 ガンダムだけどかなり好き勝手やってるところが好印象ですね。
chateaudif.hatenadiary.com