読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”メイルストロームへ”『虐殺器官』

映画 アニメ


「虐殺器官」予告映像

 伊藤計劃原作!

 途上国で起きる謎の紛争と虐殺。その影に必ず現れるジョン・ポールという男の正体を追い、米軍特殊部隊のクラヴィス・シェパードはチェコに潜入する。全世界を覆ったID網の抜け道であると言われるチェコで、クラヴィスは「虐殺の王」と相対するのだが……。

 製作会社が傾いて頓挫していたそうだが、ようやく完成して公開。が、特に話題にもならずにひっそり終わった感あり。やはり旬は過ぎていたのか? その旬というのは、要は原作者が亡くなった頃かもしれないので、そんなピークが過ぎ去ってから公開というのは、ある意味フェアというかなんというか……。

 『ハーモニー』と同じく、映画を観てから原作を読むパターンにしてみたが、今作の方が金もかかってビジュアルも頑張っている反面、遠目になったら作画が急に手抜きになったりと、いかにもアニメらしい表現も目に付いた。そう言えば、村瀬修功の名前もひさしぶりに見たような……。『ハーモニー』の前日談として、かの作品において語られた「大災禍」の発端、として観てもいいし、特に関係のない独立した一本として観ても別にいいかな。ただまあ、続きものとして観るならやはり発表順に観たかったし、映像的にももう少し共通点があっても良かった。

chateaudif.hatenadiary.com

 後で原作を読むと補完されたのだが、映画版では主人公の死生観の部分、亡き母親との夢での対話などがごっそりカットされている。お話の進行上、それで何か欠けて見えるかというと、一見そんなことはないのだが、終盤に主人公が下す選択の重要なファクターでもあるため、これがあるかないかでは実はえらい違いである。

 おかげでどうにもダイジェスト感覚が拭えず、要素をカットしつつも独自解釈で補った『ハーモニー』よりも一枚落ちるかな、という印象にとどまってしまった。少々残念なところでありますね。

 さて、『ハーモニー』より前に作られた『屍者の帝国』も録画したので観られるわけだが、これもすごい不評なんですよね。さあ、どうするかな……。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)