読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”ブラよろによろしく”『ホワイト・バレット』


『ホワイト・バレット』 2017年4月5日(水)DVDリリース/同日レンタル開始

 ジョニー・トー監督作!

 頭部に銃弾を受けた男が、脳外科に緊急搬送される。男は武装強盗の一味、撃ったのは刑事……。刑事の上司であるチャン警部は男から情報を引き出したいが、トンはそれを遮り手術を進めようとする。手術直前に意識を取り戻した男は……。

 なぜか香港ではイマイチ当たらなかったらしい映画。宣伝では密室劇のように言われていたが、そんなことはまったくなく、いつものジョニー・トー映画でした。確かにロケーションはほぼ病院内に限定されていて狭めだが、普通にラム・シューがマクド買いに出かけてるからな……。

 銀行強盗ウォレス・チョンが頭を撃たれた状態で病院に担ぎ込まれ、共犯者をあげたいルイス・クー刑事と、脳外科手術をしている医師ヴィッキー・チャオがせめぎ合う。最初は意識がなかったが、目覚めたあとのウォレス・チョンは手術を拒否。

 ヴィッキー・チャオは命の危険があるから手術を薦める……のだけど、何だかこの医者も自分のプライドとアイデンティティのために外科手術してるような、ちょっと危ない雰囲気。病院内には他の患者もいて、ちょいちょいと小話的にドラマが挿入されるのだが、『ブラックジャックによろしく』3〜4話分ぐらいのボリュームが詰め込まれてる感じね。ヴィッキー・チャオ主演の『ブラよろ』というか……。熟年夫婦のエピソードとか、無駄に泣かせるじゃないか。
 対するルイス・クー、容疑者を本当は拷問でもして絞り上げたいんだけど、病院内だから出来ない……実は頭を撃ったのは直属の部下で、拳銃で脅す許可を与えたのは自分であるという困った事実。強盗仲間を捕まえれば不問になると見込んで、躍起になっている。この人のこういう黒い裏がある感じもおなじみね。
 ウォレス・チョンは『いつか、また』に出てたようだが、どの人だ……? メインの三人じゃないよね。全く思い出せない……。単なるお兄ちゃんに見えるんだが、自分より年上であった。事件という本題に入りたいルイス・クーに衒学的なことを言って煙に巻き、その裏に真の狙いを隠す……。

chateaudif.hatenadiary.com

 いつものジョニー・トー映画なのだが、それゆえに後の展開が読みづらく、どう転ぶかわからない。でも事が起こってみればやっぱりトー映画的必然と言うしかない。ラストは、タイトル『病戦』の方がいいんじゃないの、というバレットタイムが……だからこの邦題なのか!

 ロケーションが限定されているせいか、かなりシンプルに凝縮されているし、ヴィッキー・チャオの医者姿もフレッシュ。新鮮味もありつつジョニー・トー節も堪能できる、意外にトーさんビギナー向けの映画なんじゃないかな、という気がしますね。まあ変なことは変なんだけどな!

ドラッグ・ウォー / 毒戦 [DVD]

ドラッグ・ウォー / 毒戦 [DVD]

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [DVD]

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [DVD]

MAD探偵 7人の容疑者 [DVD]

MAD探偵 7人の容疑者 [DVD]