読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”あの頃に戻りたい?”『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』


『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』予告

 リチャード・リンクレイター監督作!

 野球推薦で名門に入学することになった新入生のジェイクは、入学を三日後に控え寮にやってくる。そこで出会ったのは一癖ある野球部の上級生たち。歓迎ムードとはいかなかったが、長い入寮初日を過ごすうちに打ち解けていく。それは人生最高の時代の始まりだった……。

 野球部の特待生の大学入学直前の三日間を切り取った青春映画。こういう限定された時間空間の中、特に何もしない奴らの日常を会話劇で構成する、というのはリンクレイターのまさに定番芸なわけですよ。数時間から一夜を描いた『ビフォア』シリーズ然り、12年間を凝縮した『boyhood』然り。
 今回は舞台を80年代に設定し、その当時に青春時代を過ごした人に音楽やファッション含めノスタルジックに訴えかける……わけだが……。

 うーん、さすがにその同年代に青春時代を共有し、運動系部活や音楽などの趣味に通じ合うものを持っていないとつらい。まずこの野球部員の集団生活に1ミリたりとも混ざりたいと思えない。日本式の気持ち悪い先輩後輩の上下関係こそないが、体育会系のイジメ&シゴキは普通にあってやっぱり超気持ち悪い。そもそも野郎同士でダラダラと一日中つるみ過ぎで、部屋に戻ればブリーフ一丁の男がいて、何とも不快。まさに「この時代に戻りたい! 永遠に繰り返したい!」を地でいくキャラが出てくるんだが、単なる物好きにしか思えなかったね。
 そんな中、主人公は周りの野球部員に比べたら物静かかつ繊細なキャラクターであり、感情移入しやすくなっている……はずなんだろうなあ……でもね……顔が伊藤英明なんですよ……。だめっ、無理! つぶらな瞳ムリ! もう見れば見るほど伊藤英明にしか見えなくてつらい! 髪型もな!

 基本だべってしゃべってるだけだが、さすがにテンポはいいし、意味のわからないエピソードもありつつ我慢比べのシーンなんかは無駄に笑ってしまったところ。もう少し何ぞ共有できれば、という感じだな……。
 数時間でもなく12年でもなく、3日の話というのが逆に凝縮されてない印象で、さらにオチは『boyhood』と同じ、というのもマイナス。

 買ってある『バッドチューニング』を見たい気持ちがガクンと沈んでしまったよ。まあそのうち見るけど……。