読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”愉快な贈り物”『ザ・ギフト』

映画


映画『ザ・ギフト』予告編

 ジョエル・エドガートンの監督・脚本・主演作!

 都会を離れ、故郷へと移り住んだサイモンとその妻ロビン。買い物の途中、サイモンは高校の同級生だったゴードと再会する。再会を喜んだゴードを家に招いたサイモンだが、ゴードはその日以来、何かと贈り物を届け、家を訪ねて来るように。それを嫌がるサイモンの態度にも、ロビンは不可解なものを覚えるのだが……。

 最近は『ブラック・スキャンダル』で、まあ映画はそこそこだけれどこの人はこういうコスいキャラが上手いなあと思っていたエドガートン。『ウォリアー』では身体も鍛えてたけど、今回は中年太りしてます。

chateaudif.hatenadiary.com

 ジェイソン・ベイトマンレベッカ・ホールの夫婦が、ベイトマンのハイスクール時代の同級生であるエドガートンと出会う(夫にとっては再会)。ディナーを共にして以来、時折訪ねてきたり贈り物をしてくるエドガートン。妻のホールさんにしてみたら、悪い人じゃないけどそんなに盛り上がったわけでもないし、なんかちょっと重いな……というぐらい。しかし、出没するエドガートンは徐々にエスカレートして行き……。
 ……とまあ、こんな感じでなんかストーカーものっぽくなっていくのかな、と思ったのが予告編の印象だったのだが、じわじわと雲行きが怪しくなってくる。ただの同級生との再会にしては、夫の態度がおかしい。なんだかスタンスが定まらないと言うか、内心嫌がっているらしいのだが、妙なうしろめたさが仄見え、にも関わらず見下してもいる。二人の過去は、本当にただの同級生だったのか……?

 エドガートンの行動にも虚言癖が透けて見え始め、やはり危険な人物だったのかと思わせるのだが、それは実は夫からも感じられる違和感の反証にはならない。
 ストーリー的には、ここでレベッカ・ホールさんのメンタルにも、通院歴や薬物依存の時期があったことが明かされて余計にややこしいことになる。誰を信じていいのかわからない。
 最初の印象からすると、途中からがらりとお話が変わったように受け取られかねないところなのだが、そこを曖昧にしてじわりとシフトさせていく。三人のメインキャラの誰にも視点を固定させず、それぞれのパーソナリティにも踏み込み過ぎず、余白を生んでいく。

 心ない一言や幼稚な悪意によって人生を破壊された人の逆襲の物語として、痛快さも備えているのだが、人によっては自身の過去を顧みて胸をえぐられるかもしれないし、愛し信頼していたパートナーの薄汚い一面に気づかされる話としても読める。三者三様の物語が一本の映画の中で絡み合っているのが、定型パターンのサスペンスと一味違う味わいを生んでいる。仕組まれた陰謀もあるのだが、自業自得としか言えない災難も降りかかり、因果応報めいた展開も含んでいる。かっちりしたプロットではないかもしれないが、複雑で文学的にさえ思える。

 いや〜、エドガートンさんの顔に似合わぬ才気溢れる一本で、堪能しましたよ。レベッカ・ホールさんは相変わらずの背中美人で、今回はハマリ役ですね。ジェイソン・ベイトマンの頭も切れて成功者然としたオーラを漂わせているにも関わらず、どうしようもない下品さが臭うあたりも最高。

 シナリオの面白さはもちろんだが、ちょっとした驚かしのシーンの撮影なども凝っていて、色々な視点から楽しめる映画でありました。

ウォーリアー [Blu-ray]

ウォーリアー [Blu-ray]