読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殺人kindle医 大石圭編

雑記 電子書籍 小説

 なかなか電子版出ないな〜という作家がいる反面、出る本出る本、過去本から新刊まで続々と電子化される作家もいるんですね。我らが?大石圭もその一人。
 最新刊はこのあたり。

地獄行きでもかまわない (光文社文庫)

地獄行きでもかまわない (光文社文庫)

蜘蛛と蝶

蜘蛛と蝶


 角川ホラー文庫、光文社文庫、幻冬舎に徳間……いや、ほぼ揃っている。

60秒の煉獄 (光文社文庫)

60秒の煉獄 (光文社文庫)

人を殺す、という仕事 光文社文庫

人を殺す、という仕事 光文社文庫

水底(みなそこ)から君を呼ぶ 光文社文庫

水底(みなそこ)から君を呼ぶ 光文社文庫

女が蝶に変わるとき

女が蝶に変わるとき


 実は紙の本で全部持っているので、電子版は特にお気に入りの分をセールで買う程度だったりする。珍しい格闘技小説『人間処刑台』なんかは何回も読んでますね。
chateaudif.hatenadiary.com


kindle化されていない本

 河出文庫の初期の長編『出生率0』がまだ出ていないですね。刊行がかなり古いからかな。
 あとは一時期手がけていたノベライズが『呪怨』が四作品分、『オールド・ボーイ』などの韓国映画のノベライズも出ていないですね。『呪怨』は売れっ子作家になるきっかけだっただけに、ぜひ出してほしいな。

出生率0 (河出文庫)

出生率0 (河出文庫)

オールド・ボーイ (角川ホラー文庫)

オールド・ボーイ (角川ホラー文庫)

呪怨 (角川ホラー文庫)

呪怨 (角川ホラー文庫)

呪怨〈2〉 (角川ホラー文庫)

呪怨〈2〉 (角川ホラー文庫)