読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子書籍のある本・ない本

雑記 電子書籍

 出版社のポリシーなのか、作家自身の方針なのか、あらゆる本に電子版があるとは限りません。先日、西原理恵子が「電子書籍は印税が安いからいらん」と言っていたというようなことを聞きかじりましたが、そういう理由もあるでしょうし、塵も積もればの精神で出している人もいるのかもしれません。
 同じ作家でも、ある出版社から出ている分はあったり、一時期以後の本のみあったりと様々です。全く出てない作家もいますね。一時期よく読んでいた古川日出男なども、全く電子版は出していません。短編集などさっと読みたいものもあるんですが……。

アラビアの夜の種族〈1〉 (角川文庫)

アラビアの夜の種族〈1〉 (角川文庫)

LOVE

LOVE


 さて、amazonで探してもいいんですが、最近、自分はこちらを利用するようになりました。

電子書籍の司書さん

電子書籍の司書さん

 これは要はkindle本に特化した検索サイトで、自分が最初の頃にやっていた特定の作家、出版社などに絞って検索する場合に向いています。後々触れますが、新刊ならぬ旧作、以前には出ていなかった本が突然電書化されることもままあるわけで、定期的なチェックが必要ですが、どうしても煩雑な作業になります。それを利便化してくれるのがこれ。
 お気に入りの作家のどの本が電書化されているか、どれがセール中でどれがそうでないのか、一目でわかります。前回取り上げた、定期的にセールやっている手塚治虫漫画なんかも、あっさりと絞りだせますね。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック